サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. TBTさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

TBTさんのレビュー一覧

投稿者:TBT

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本高円寺の女 あたしナツコ。

2005/02/23 10:35

ナツコってイヤな女?イイ女?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『「あたしナツコ」高円寺の女』。この本を手にした時に最初に頭によぎったのは、タイトルの、「『ナツコ』って何者?」という純粋な疑問だった。

本文からは、ブログならではの独特な雰囲気がかもし出されていて、まるでPC画面を見ているかのような臨場感がある。
読んでみてわかったのが、この本には、女性なら思わず「あるある」「そうそう」とうならされてしまう、日常から繰り出されるさまざまな等身大のナツコが登場する。
タイトルも変わっているが、ナツコ自体もミステリアスさを秘めた相当謎の人物である。イヤな女? イイ女? どう思うかは、それを読む人々によって違うと思うが、私自身は、“憎めない女”だなと思った。ナツコはだいたいすべてがうまくいかないのだが、それでも懸命に前進していきたいという葛藤が垣間見える気がするからだ。

高円寺に住む若者の、独特な考え方、モノの見方を通して、毎日の生活の中で起こるさまざまな出来事の中で、ナツコは日々一喜一憂し高円寺の町を行く。正体不明のナツコは私たちの中でさまざまに姿を変え、読者の心に存在するであろう。そんな姿に読者は自分と照らし合わせ、もしくは恋人や理想の女性と照らし合わせて、「自分の中にそれぞれのナツコ」を見つけるのだと思う。

女性はもちろん、男性が読んでも楽しめる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示