サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まろさんのレビュー一覧

まろさんのレビュー一覧

投稿者:まろ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

思いっきりロマンを味おう

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 池田理代子といえば『ベルサイユのばら』が第一にあげられる。これは、言わずとも知れたフランス革命を舞台にした大河ドラマ的マンガだ。
 『ベルサイユのばら』にも負けない彼女のもう一つの大作としてあげるのが『オルフェウスの窓』である。時は1900年代初頭のドイツ、ウィーン、ロシアを舞台に男装をし、男性として人生を送るユリアス(女性として生きてからはユリアと名乗る)と彼女をめぐる二人の男性の愛と人生を壮大に描いている。

 この作品は、いろんな角度から読むことができるが、私は毎度、登場人物達の恋愛に入り込んでしまう。多くの登場人物がいるだけに様々な愛の形を見ることができるが、やはり主人公であるユリアとロシア革命家の弟クラウスの激しい愛の生涯にどっぷりとはまってしまうのだ。それは、現実の生涯ではまず、ありえないような恋愛だからだ。
 歴史時代背景といい、彼らの生い立ちといい、激情のぶつけ合いとどれをとっても淡々とした日々を過ごす我々には全くと言っていい程無縁なものだから惹きつけられるのかもしれない。

 冒頭でも述べたように、この作品には恋愛以外にもいろいろな出来事が描かれている。1900年代のヨーロッパ事情、ロシア革命、ピアニストへの道と挫折、様々な女性の生き方と男性の生き方、そして、大富豪の御曹司ユリアスを取り巻く連続殺人の謎など、ここには書ききれない程内容が濃い。それだけに、読み終わった時はなんともいえない疲労感すら感じるのだ。疲労感といっても、仕事疲れの疲労感ではない。物語の主人公達と共に怒涛の時を過ごしてきたという感覚のものである。週末や連休に一人でどっぷりつかってみては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示