サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. だちさんのレビュー一覧

だちさんのレビュー一覧

投稿者:だち

1 件中 1 件~ 1 件を表示

新田次郎原作・横山光輝の名コンビが,先代に対し暗愚な2代目とされる勝頼の固定された実像にせまる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

信玄が日本最強の軍団といわれるまで育てあげた武田軍団がどうしてこんなに簡単に亡んでいったのか
勝頼が悪かったのか
御親類集が悪かったのか
それとも側近が悪かったのか
それを見続けてきた甲斐の山々は今も黙して語らない
                       〜三巻より〜

 三方ケ原の戦いで徳川家康を震え上がらせた武田信玄,そのとき52歳。戦国最強軍団は2代目武田勝頼に引き継がれる。
 しかし,カリスマ的存在を失った武田軍はその後10年をもって滅亡を余儀なくされる。 
 3年間は自らの死を秘めて置けと遺言を残した父信玄だが,戦国最強軍団を引き継いだ武田勝頼は,美濃・明智城,三河・足助城,遠江・高天神城を次々と陥していく。
 「代替わり飛ぶ鳥おとす御威勢は勝頼ほかになしと見えたり」とまで歌われた2代目勝頼。しかし,その後,長篠の戦いで戦争革命を起し天下布武をめざす織田信長と対峙する。馬防柵と三千丁の鉄砲の前には,戦国最強と恐れられた武田騎馬軍団はもはや負の遺産でしかなかった。
 織田・徳川連合軍の罠にはまり,無謀にも突撃を敢行する。それは死に場所をもとめているかのようにも…。
 毛利や上杉のように一大名として生き残るのではなく,あくまでも覇権にこだわり決戦に向かう勝頼は決して凡将ではなく潔くも見える。
 信玄没後10年で武田は滅ぶ。わずか10年とみるか。それとも,領土を拡大し10年間,織田・徳川の前に一歩も引かなかった勝頼は立派とみるか。
 新田次郎原作・横山光輝の名コンビが,先代に対し暗愚な2代目とされる勝頼の固定された実像にせまる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示