サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 理貴人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

理貴人さんのレビュー一覧

投稿者:理貴人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本慟哭

2000/11/13 23:40

「慟哭」て決して激しいだけの意味じゃないんです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

連続して起こる幼女誘拐事件。
事件を追う捜査一課課長佐伯は若きキャリア。
ただし妻娘との関係はうまくいっていない。
彼と同様、物語冒頭から登場する男は
娘を失った哀しみを新興宗教の教えにのめりこむことで紛らわす。
警察の奮闘むなしく事件は更に起こり
佐伯は背水の陣とも云える策をとるが…。

どの親も、子を思う気持ちはかわらないことを
つくづく思い知らされる作品。
人の心の深淵を見せつけられ
生き方を、価値観を考えさせられた。
新興宗教、連続幼女誘拐事件、といった
ここ数年の世俗をあらわすキーワードをもちながら
決して浮ついた雰囲気とならない。
ひとえに端正な文章と構成のせいだろうが
この完成度でありながらデビュー作か、と眩暈すら感じる。
「本格推理」としての要素も余りあるほどにもちながら
人間が丹念に描かれていることにも好感をもてる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示