サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. joyaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

joyaさんのレビュー一覧

投稿者:joya

16 件中 1 件~ 15 件を表示

アンジュール ある犬の物語

2001/03/21 01:28

「小さなもの」たちに捧ぐ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本が目に留まったあなた、何も言わずに開いてみて下さい。文章はいっさいありません。バンサン女史のすばらしい絵が、雄弁に物語るものは何か。それはきっと、あなたの心を突き刺すでしょう。

 主人公の名もない犬の、小さなしぐさのひとつひとつが愛しく魅力的。(画面中央で、ほんの小さなひとつの点になっていてさえも!)

 小さなものたち(含む、あなた自身)のことが気にかかる、すべての人に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

猫たちの隠された生活

2001/03/21 00:33

猫たちの生活とその幸福とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前作の『犬たちの隠された生活』とは少し趣を変えて、ここでの主な観察対象になった「猫たち」は、あまり身近でない「大きな」猫。ライオン、ピューマなど、野生の肉食動物、食物連鎖の頂点たる彼らが、この本の主役。とは言え、身近な小さなイエネコだって、その「頂点」たることには変わりはなく、そのことがよくわかる本。

 「私が彼らなら、狭い保護区で暮らすより、サーカスで暮らす方が幸福」と断じるくだりは、興味深い。もちろん、これは著者流の結論に過ぎないが、猫好きのあなたなら、思わず考え込んでしまうだろう。これを読んで、彼ら猫族の幸せとは何か、一度ゆっくり考えてみる?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

犬たちの隠された生活

2001/03/21 00:31

身近な異文化

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 よく知っているようで知らない、犬たちの世界。実は彼らは、人間にとって最も身近な、彼ら独自の「異文化」に則って暮らすエイリアンなのだった。

 著者は人類学者。冷静な筆致の中に、暖かい視線が感じられる好著。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

旧約聖書を知っていますか

2001/05/04 08:54

旧約聖書ってナニが書いてあるの?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 仏教、神道の国に住む私たちにとって「聖書」と言えばイエスキリストの言葉や行動が滔々と述べられている「新訳」の方を思い浮かべる人が多いのではと思います。んじゃ、「旧約」の方はナニが書いてあるの?と、思ったことのあるあなた、とりあえずコレ読んどきましょう。
 演出も楽しく、ばっちりと要約してくれてます。旧約聖書ってね、ある一族の、長年に渡る壮大な物語なんだよー。面白いの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本惑星CB‐8越冬隊

2001/05/11 10:44

寒いよぅ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 越冬と言っても、CB-8は、年中さむーい惑星。そんな惑星への植民計画中に、事故勃発。さあどうする?

 読んでいるだけで、寒くて凍傷にかかりそうです。でも、彼らの、知力と体力を使い尽くして臨む姿は、胸を熱くさせます。「ムルキラ」の美しいイメージとともに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スロー・リバー

2001/03/31 22:23

よくある成長物語、ではあるかもしれないけれども…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公の少女は大富豪の令嬢。ある日、彼女は裸同然で道端に転がる傷だらけの自分に気付く。誘拐され、その犯人を殺して逃げてきたのだった…。

 汚水処理を軸に、緻密に設定された近未来社会での労働の描写がとても良い。と、いうのはすでに言われていることだけれども、生活に根差した描写も細やかで楽しめる点は、女性作家ならではなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君のためにできるコト

2001/05/11 13:44

一緒にいるということは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

口下手なくまこちゃんと気のきくくまおくん。
二人はいつも仲良しで、くまおくんはくまこちゃんのために
なんだってしてくれるのだけれども…。

 「いつでもあえる」は、子供に読ませるのに良い本(もちろん、大人が読んだって良い本であるに違いない)だが 、この「君のためにできるコト」は、大人になって「恋」をすることを覚えた人たちに読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家事虎の巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 暮らしの中で必要な、細々とした知識。「おばあちゃんの」と言っても、糠味噌くさいわけではありません。料理、洗濯、掃除……冠婚葬祭の心得まで。
 ここに書かれているのは「家事の基礎知識」です。新婚のアナタだけではなく、一人気楽に暮らしているアナタもこの本を読んで、「きちんと」暮らしてみませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ワインを楽しみたい人に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ワインを始めたいけれども、選び方がよくわからないし…という方におすすめ。ワインの種類、産地、ぶどうの品種、格付けとは何か、ラベルの読み方……基礎の基礎がわかります。
 ワインを楽しむのにスノッブな知識は必要ありません。この本でわかる基礎だけで、酒屋へ行ってもレストランへ行っても困らない。だいじょうぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴルゴン 幻獣夜話

2001/03/31 22:10

幻獣もいろいろ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表題の「ゴルゴン」をはじめとして、ユニコーンや人狼、ドラゴンなど、幻獣たちを題材に、タニス・リーのファンにはお馴染の、耽美な世界が繰り広げられている。
 と言っても、耽美なばかりでなく「ドラゴ・ドラゴ」「ナゴじるし」あたりで「おや?」と思わせるようなユーモアSF(FT)の味わいを見せるが、それもまた良し。
 最後の「白の王妃」は、見事にしめる。
 これもやはり、珠玉の短編集である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

チャーミングなくまのおじさん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 くまのおじさんアーネストとねずみの少女セレスティーヌの出会いの物語。

 掃除夫として暮らしをたてているアーネストは、ある日、ごみ箱でねずみの赤ん坊を拾います。一人暮らしの彼は、この小さな赤ん坊に「セレスティーヌ」と名付け、一生懸命育て始めますが…。

 アーネストはセレスティーヌの育ての親で保護者ですが、しかし彼自身にとっても、セレスティーヌは生き甲斐であり心の支えなのです。

 アーネストの意固地さ不器用さが、とてもチャーミング。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本魍魎の匣 文庫版

2001/05/11 14:11

狂気のイメージ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小さな箱の中に収まる生ける美少女の半身…
なんておぞましく美しいイメージであることか。
そのフラッシュバックを背景に進む物語は、緻密で恐ろしい。

 この著者の作品を読んだのは初めてですが、レギュラー陣らしき人物はどれも魅力的に描かれています。よく売れているのも頷けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼平犯科帳の世界

2001/05/11 12:36

鬼平のアンチョコ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本人なら鬼平を読め!とは言いませんが、蔵書にこの著名なシリーズを揃えて、折に触れ読み返してみたりする方は多いのではないでしょうか。そういった再読時などには、この本に含まれる人名録はとても便利。物語のバックグラウンドとなる江戸文化についての蘊蓄も楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ギリシア神話を知っていますか

2001/05/04 08:39

ギリシア神話入門

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ギリシア神話についてのいろんな蘊蓄を含みつつ、時に下世話に、時に身もフタもなく語って、それぞれの物語の本質に迫ります。
 ギリシア神話と言うのは、神話群の中では、比較的、誰にもよく知られているものと思いますが、この本でもう一度味わい直すのも楽しいでしょう。通勤・通学のお供におすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ドラゴンになった青年

2001/05/04 08:06

ある日突然ドラゴンに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現代アメリカに住む青年が、ある事故によって、異世界へ飛ばされてしまった恋人を追って、自分もその世界へ。しかし、なぜかその世界へ行けたのは意識だけ。体は…?なぜかドラゴンになっていた……。

 ドラゴンなんて強い生物になるとは、さぞ気分がいいだろうと思いきや、主人公はなかなかどうして情けない思いもしていたりする。
 軽妙に進む異世界冒険譚。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示