サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. すりいぴいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

すりいぴいさんのレビュー一覧

投稿者:すりいぴい

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本リセット

2000/11/30 00:55

誰も書かなかった「ほんとうのこと」

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たとえば、こんな経験はないだろうか。

少年による殺人事件のニュースを見て、
説明のつかない胸さわぎが起こる。
少女による援助交際の話題にふれ、
自分のことのようにやりきれない気持ちになる。
自分とは年齢も境遇もちがう、
まったくの他人のことであるにもかかわらず。

この物語にも、そんな少年少女たちが出てくる。
パンツを売る少女、菜々。
クスリに溺れる桃子。
ストーキング行為をくりかえし、殺人未遂事件を起こす雅也。
砂丘で殺されそうになる夢を見続けるしおり。

そして、彼らの周辺にいる父親や母親、教師たちも、
「ふつう」に暮らしているようで、実は、
静かで不気味な狂気に身を浸している。
部屋に引きこもる雅也の母親は、息子に命令されるままに、
四つん這いになってアイスクリームをなめたりする。
さまざまな「性」とさまざまな親子の姿が
切なく痛々しくもある。

神戸の少年Aが逮捕されて3年の歳月が流れた。
今、同世代の若者に、何が起こっているのだろうか。
そして、その周辺では。
「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いは、
どこへ封じ込められてしまったのだろう。

答えはすべて、この本の中に書かれている。
誰もが知らずに意識の奥に抑え込んでしまった「ほんとうのこと」。

めくるめくスピード感が爽快の一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示