サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まなさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

まなさんのレビュー一覧

投稿者:まな

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本リセット

2000/11/30 02:56

あなたにも、リセットしたいことがありますか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ねえ、マミー、わたしアメリカ人よねえ」
「マミーは日本人、ダディも日本人。だからあんたも日本人よ」
 ニューヨークで生まれ育った菜々が、10歳で日本に「帰国」する飛行機の中でかわした母親との会話である。
 しかし実際、日本で生活するようになった菜々は高校生になっても、生活習慣や様々なルールの違いに自分の国籍おろか居場所さえつかむことができないでいた。
 ブルセラ、援助交際…… 物質社会や大人に翻弄されながら生きる仲間、ストーカーのようにつきまとう男友達との関わりの中で菜々がどう変わり自分の足で立つべく場所を見つけていくのか、また彼女を近く遠く取巻くそれぞれが心に痛みをかかえながら懸命に生きる様子にどんどん引きこまれていった。特にストーカー雅也と彼の母には胸を打たれる。
 今は亡き江戸アケミが表現したバンド「暗黒大陸じゃがたら」の詞の一節も印象的で小説の雰囲気をより盛り上げた。
 読後しばらく、余韻に浸っていたくなる小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示