サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 狩野泉さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

狩野泉さんのレビュー一覧

投稿者:狩野泉

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本奉教人の死

2003/01/06 23:16

ひらがな表記されたラテン語の快楽

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

芥川龍之介の『奉教人の死』を読んでいたら、この奉教人はクリスマスの夜、寺院の前で拾われた、とあって、考えてみればなるほど自然な設定だとはいえ、小さな驚きを感じた。

>

芥川のいわゆる“切支丹物”、かなりわざとらしい感じの擬古文で、ほほえましくもある。実際この『奉教人』などは、ややこしい文体を一種の「口実」にして、ほとんどお涙頂戴の講談かと見紛うばかりの畳み掛ける調子で、一気に読ませる。やはりうまい。「歴史」を隠れ蓑にして己の法悦を語るやりかたは、よく言われるように「メリメっぽい」と、どうしても思ってしまう。

それにしても、「ろおれんぞ」といい「さんた・るちあ」といい「れげんだ・あうれあ」といい、このひらがな表記されたラテン語の快楽がすなわち、切支丹物のよさと言ったらいいすぎだろうか。

文学が法悦=エクスタシーをもたらす可能性について、芥川は比較的に楽観していたように思う。というか、実際に彼がそう考えていたかどうかはともかく、文学のエクスタシーを顕揚する態度を、語りの、いくぶん性急なエンジンにしていたようなところがある。それだからこそ、「営々たる日々の暮らし」の価値はどうしても低く設定されざるを得なかったのだ。

> >

もちろん、そう単純に言い切れるものでもないだろう、と誰もが思う。「しかしそれは本当に本当なのか?」−−せっかちな芥川の、疑問符であり祈りでもあるところの「刹那の感動」は、いまだに文学の、あいも変らぬひとつの顔を、あっけらかんと示してしまっているらしい。

欠名 -kakena-

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゴヂラ

2002/01/26 00:30

“ゴヂラ”はあなたの予想どおり空っぽです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『ゴヂラ』は、壮大な(ってほど長くないけど)「思いつき」の堆積である。もちろんほとんど「詩」のような思いつきのおもしろさは、高橋源一郎ならではなんだけど。だいたい石神井公園という舞台設定自体、どーでもいい感じだ。「どうせ、“ゴヂラ”にも特に深い意味なんかないんだろーな、きっと」ということが、読者にもわかるように書いてある。ぶっちゃけて言うと、「コンビニ行った帰りに思いついたことばを無理やりつなげて長編として出版してるだけなんじゃないの?」という感じなのだ。なぜか。「思いつき」、というか「詩」を出版してもギャラが知れているからである。恐るべきことに、それ以外の理由とか深い意図とかを考えることはできない。味気ない話ではある。

 雑誌に連載して原稿料をもらって、連載をまとめて本にして出版して印税をもらうというサイクルの仕事がないと、現代ニッポンのもの書きの生活は一気に苦しくなってしまう。「短編作家」や「詩人」、「エッセイスト」、「俳人」というような短文書きの職業は、他に仕事のある人の副業向きである。専業作家は長編を書かなければならない。それが経済原則というものなのだ。だとするならば、高橋によって『ゴヂラ』を捧げられている>たちの「生活の苦労」、いや、「高価な無為」と呼ぶべき活動は、推して知るべしである。

 >
「ゲンイチロウ節」と言えなくもないこうしたことばはおそらく、「詩」そのものではないがそれに近いもの、と言えるだろう。そして『ゴヂラ』の中で明滅している「詩」は、一様にけだるい。コンビニの弁当を毎日毎食食べている気分をとっぷりと味わえる。

 小説と詩の区別など、これまたどーでもいい問題ではあるが、散文と詩との区別はわりとはっきりしている。散文にはイイタイコト、つまりことばの行き先がそれとなくわかっているものだが、詩のことばには行き先がない。詩のことばは、「外」に向かって飛び立って行って戻ってこないものなのだ。口から飛び出し、言いっぱなしでそれっきり。詩が語るものはこの世にはない。詩の尊さというのも、そういう性質と無縁ではない。

 現代ニッポンのコンビニ用語的「詩」がつながって無理やり長編の形になっているこの小説の「中身」はといえば、長い小説を書かなければまとまったギャラが入らないという商売の都合以外、空っぽである。そして問題なのは、この空っぽの部分である。とりあえず高橋はそれに「ゴヂラ」と名づけた。別の小説ではそれを少し楽観的に「野球」と名づけたし、もっとはっきり言うとすればそれは、「文学」だということになるだろう。

 「文学」というこの空っぽの部分。それは、ずっこけた資本主義社会に生まれたもの書きたちの、単なる生業なのか。身過ぎ世過ぎの果てにひり出る、オナラのようなものなのか。なぜ人はこの空白に苦しむのか。なぜ人はこの空白に悩み、狂気へと駆り立てられるのか。空白に意味付けしたいという我執にほかならないのか。TSUTAYAの帰りにローソンで弁当を買いながら「詩」をつくる自らの生に、意義を持たせたいだけなのか? その答えは、当然この『ゴヂラ』でも明らかにはされない。得られるのは、>という答えのみである。文学の営為を「空白」と呼ぶ、高橋源一郎の時代錯誤とも呼べる「文士的勇気」あふれる冒険を味わう、とりあえずの自由が読者に残されているだけだ。

文学系サイト『欠名 -kakena-』
狩野泉

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示