サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山村 芙蘭 さんのレビュー一覧

山村 芙蘭 さんのレビュー一覧

投稿者:山村 芙蘭 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本無影灯 上

2001/02/07 16:51

ラブロマンスと医療批判の融合作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 医学部出身の渡辺淳一氏の初期の作品には、「死化粧」、「ダブルハート」など、医療現場を舞台とし、現代医療制度を批判的に小説化したものが多い。
 「無影灯」は、1971年1月号から「サンデー毎日」に連載された。渡辺氏にとって初めての週刊誌連載小説だったためか、私立病院を舞台としながら、全体はラブストーリーの手法で描かれている。
 主人公の直江庸介は大学病院で講師までした外科医だが、なぜかその栄進の道を捨てて、個人病院の医師となった。看護婦倫子は、ハンサムな直江の持つ影にひかれて付き合い始める。しかし、直江には意外な秘密があった。その秘密とは……。
 渡辺淳一といえば、言わずと知れた「恋愛小説の大家」だが、後の大家のラブロマンス路線を予感させる兆候が「無影灯」にある。しかし、「失楽園」や「化身」の主人公が女性につくしたり(性的に)奉仕的であったりするのに比べると、本作品の直江医師は、デートも一方的で、かなりナルシストである。ニヒルさが男のカッコ良さであるような印象さえ受ける。渡辺氏の恋愛観の変化を実感できる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示