サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. T.Satohさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

T.Satohさんのレビュー一覧

投稿者:T.Satoh

1 件中 1 件~ 1 件を表示

宇多田ヒカルのメガヒットの理由がわかる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は、戦後日本の消費の歴史を、欧米社会に見る消費の五つの類型をなぞるものとして解き明かしていくと同時に、戦後日本の消費に関して「まことしやかに」語られる通説を痛烈に批判している。これらの通説の周辺には、「規制緩和」や「多様性と個性を獲得した消費者の出現」や「電子ネットワークの発展」などが不況を克服するという主張がある。

 しかし、著者は、反証をあげ、さらに貨幣経済や消費の根本から論じることでこのような通説の誤謬を指摘している。私は、岩井克人の『二十一世紀の資本主義論』と通ずるものを感じた。

 後半の「消費資本主義」論では、経済学が「均衡モデルにおいては、生産のみを語れば、わざわざ消費を語る必要はない」として、マーケティングや社会心理学にまかせてしまった消費の側から資本主義を考えるという、経済学に縁遠く、消費に身近な者にとって見れば当たり前とも思える視点を提供している。

 ここでは、ジンメルの「我々は、商品に接しそれとの距離を感じた時に欲求を形成する」とか、ハイエクの「商品種についての分類は時と所によって異なる仕方で行われる」など社会学・経済学の示唆的な研究を引用しつつ、宇多田ヒカルやGLAYのメガヒットの原因や、インターネット上のフォーラムやメーリング・リストがしばしば「仲間ほめ」、「バトル」に陥る理由までを分析している。理論として読んでも、また戦後消費史として読んでも面白く、さらに視点の新鮮さは、マーケッターやネット業界の人間に有用なヒントをもたれしてくれそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示