サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 純子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

純子さんのレビュー一覧

投稿者:純子

34 件中 1 件~ 15 件を表示

図説太宰治

2001/01/25 15:02

これぞ、太宰治大図鑑

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は、コンパクトですが内容は濃いです! 本当に太宰治大図鑑って感じです。
 太宰治の生い立ちから晩年までを、写真と資料とともに見てゆく本なのですが、あとがきに 、この本と同じ内容のものを一から作ろうとしたら、絶望的になるだろうと書いてありました。
 その言葉が納得出来るほど、この本は充実した内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スゴイ人だ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ソフト開発会社WARPの社長、飯野賢治さんの自伝です。少年時代から、高校中退、ゲーム会社勤務、WARP設立までの軌跡、ソフト開発の裏の話などは、ゲームに興味のない人でも面白いと思います。300ページ以上もある、結構ボリュームのある本なのに一気に読めてしまいます。この本は、特に、自分を見失いかけてる人とかにオススメですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人生ノート

2001/01/26 11:36

人生の羅針盤。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 人は生きていると、誰でも色々、迷ったり悩んだりしますよね。そんな時に特にオススメなのはこの美輪明宏さんの人生ノートです。この本には、生きる上での様々なヒントでいっぱいです。目からウロコが落ちまくりです。迷ったり、悩んだりしていない人でも、きっと、何か感じるでしょう。とにかく、すべての人に読んで欲しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

目からウロコの美術史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 目からウロコの美術史、講師は現代美術家の森村泰昌さんです。この森村さんという人は、自ら美術作品になりきったポートレートで有名な作家です。
 美術作品になりきるからこそ、見えてくるものもあるそうで、この本では、そんな森村泰昌さんならではの、美術史が読めます。
 面白いです!はっきり言って、美術に対する考え方が変わるかもしれません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ねこぢるせんべい

2001/08/09 13:10

初めての人は…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品は初めてねこぢるの作品を読む人にには、個人的にはオススメできないかも…。初めての人にはちょっとショックが大きいかなーと思う内容だからです。
 あえてこの作品から読んでみるのもいいかもしれませんが、まずは他の作品を読んでから読む方がオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本プラナリア

2001/03/06 12:02

今を生きる女性の全てに読んで欲しい一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本を読んだキッカケはテレビで紹介されていたのを見ていてタイトルにひきつけられたからです。でも正直言って、内容はあまり期待してはいませんでした。
 ところが、いざ読み始めると内容のスバラシサに一気に読み終えてしまいました。この本はすべての女性に読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本金閣寺 改版

2001/02/06 09:50

絶対読んでみて下さい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 昭和25年7月1日、実際に起こった金閣寺の放火事件を材料に三島由紀夫が書き上げた名作です。私はこの作品を読むまで、三島由紀夫の作品というとどちらかというと敬遠していましたが、この作品を読んで、三島由紀夫の作品の素晴らしさに気づきました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘラクレスの冒険

2001/02/06 09:24

ヘラクレス・ポワロの冒険!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ご存知、灰色の脳細胞の名探偵ポワロが神話のヘラクレスのように活躍する作品です。ポワロがいくつかの事件に巻き込まれていきます。そして、いつものように灰色の脳細胞を駆使してそれらを解決していくわけですが…。
 エルキュール・ポワロのエルキュールには、ヘラクレスの意味があるそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本文鳥・夢十夜

2001/02/05 14:20

不思議な魅力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 夢十夜、この作品をはじめて読んだのは、教科書でしたが実に不思議な印象を受けました。最近になって、改めて読んでみるとやはり不思議な作品です。そして、何度も読ませる魅力がある作品です。眠れない夜などにも、オススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本斜陽 改版

2001/02/05 12:55

言わずと知れた名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 太宰治の代表作の一つにして、斜陽族という言葉まで生み出した名作です。太宰が得意とする女性の告白体で描かれたこの作品は没落した貴族の物語です。当時の皇族の方もこの作品をよんで「身につまされる」と発言を残したそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

寺山修司版自殺マニュアル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本はまさに自殺マニュアルといった内容なんですが、死の音楽、死神占い、死と賭博の考察、自殺機械の作り方、遺書の書き方、動機の立て方、場所選び、自殺のライセンス(自殺にもライセンスがあるの?)などなど、凄まじいのですが、読んでいるうちに死と向き合うところから始まる、生というものを考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夏への扉

2001/02/05 10:55

感動の嵐!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 SFものはあまり読まない私が、友人の勧めで読んでみたらラストには感動で泣いていました。表紙に猫のイラストが描いてある通り、猫が出てくるのですがこの猫もこの物語においてかなり重要なポイントになっているので、猫好きな人にもオススメですよ! かく言う、私も猫好きなので間違いないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おいしく節約!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いきなり!黄金伝説で節約生活にチャレンジしたアイドル、中嶋ミチヨさんのレシピ本です。この本には、身近な材料で簡単に作れ、しかもおいしい!料理ばかり載っています。料理のレシピ本を買ってもなかなか作らなかった私でも作れました! 中嶋さんの発想はスゴイ! おいしいし、節約もできるとってもお得な!レシピ本です。料理が苦手な人にも絶対、オススメの一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心に毒薬

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 寺山修司の七冊分の詩集が、この一冊に凝縮されました。毒薬物語、ロング・グッドバイ、わたしのイソップ、棺桶島を記述する試み、文通違反、書見機、李庚順といった収録詩集のタイトルを見ただけで、引き込まれるのですが、この詩集は本当に金太郎飴のようにどこを切っても「素晴らしい!」の一言なのです。というか言葉も出ないほど素晴らしいです。一度、読んだら、忘れられなくなるような詩ばかりです。無人島に一冊だけ本を持っていけるとしたら、間違いなく私はこの詩集を選ぶでしょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

東京発千夜一夜

2001/01/26 14:14

短編映画を観ているような短編集。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 かつて、朝日新聞の朝刊で連載されていた作品の単行本です。この作品は、一話完結のものがほとんどなのですが、中には、シリーズもののような話もあり、どこから読んでも結構楽しめます。ミステリー、恋愛ものなどいろんな話が楽しめます。私は、この作品が新聞に連載されていた当時、高校生位で新聞を読む時間があまりなかったのですが、この作品は大好きでかかさず読んでいました。今読んでも、一つ一つの作品がダイヤモンドのような輝きを放っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

34 件中 1 件~ 15 件を表示