サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 叉葉さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

叉葉さんのレビュー一覧

投稿者:叉葉

122 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本バビロンまで何マイル?

2002/06/09 14:39

完結版!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 女だてらに現実主義者の月森仁希と幼なじみの真船友理は、溺れかけていた土の精霊グノーシスを助けた。それから12年。平穏な高校生活を送る二人の目の前に再び現われたグノーシスが、お礼にと二人にくれたのは「ソロモンの指輪」であった。この指輪が赤く光ると、二人は別の時代へと移動してしまう。そして二人はさまざまな時代のさまざまな事件の目撃者となっていく。単行本未収録の連載文原稿も収録、初の完結版!!(裏表紙より転載)
 数年前、親戚の家で普通のマンガ本で読んだことがあります。しかも1巻しか出てなくて、続きも出ないっぽくて、残念に思っていた作品でした。今回文庫本で完結しているという事を知り、久しぶりに読んでみたくなって購入してみました。
 子供時代、不思議な小人のじいさんを助けたことによって不思議な力を持つ指輪を得た二人が時代を旅をするお話です。指輪の力によってどんな言語でもしゃべったり読んだり出来るようになります。便利です。欲しいです。でも他の時代に、自分の行きたいと思った場所に行けるのならまだしも、まったく思ってもみない場所に突然連れて行かれるのは嫌です(苦笑)。彼女らはそんな指輪に振り回されつつも、時代を行き来し、いろんなことを目撃します。最後に一言言うなれば、この1巻で終わってしまうのがとってももったいないという事です。もっともっと続いて欲しい、そんな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文化祭絶好調!?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 慌しい準備も終わり、いよいよ文化祭当日、雪野達の芝居が開幕する。自分が作った人工生命が、すでに自分の知能を越えたことで苦悩する主人公の博士。彼が自分の過去を話す決意をするところで第一部は終了した。充足感一杯の雪野だが、見ていた有馬に動揺が…!? 待望の9巻!(カバー折り返しより転載)
 前巻で雪野宅にお泊まりをした有馬。翌日、有馬は台風でぬれた服を来て帰る事が出来ず、代わりに雪野父の“娘ラブ”“娘命”のTシャツを着て帰ったというエピソードが最初の方で出て来ます(笑)。本編は文化祭に突入! 文化祭ではみんな参加団体人気投票ランキングで優勝した場合の商品目当て(?)にすっごい盛り上がってます! この巻は文化祭で雪野達が演じる劇のお話がメインです。劇の主人公であり、雪野の演じる博士の役に有馬がシンクロしてしまったみたいで、劇に平行しながら有馬のダークな部分も表面化してきてます。巻末に書かれてるんですが、このお話までで“雪野編”が終了し、後半(次巻以降…?)は“有馬編”となるそうです。有馬編=今回も出て来ていたダークな部分がメインになるのかしら…? と思わせる最後の作者のお言葉でした…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本背信者 キル・ゾーン

2001/07/07 20:49

思惑が深まる。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 キャッスルがラファエルに気持ちを告げた宴の夜、アフォルター家では、サリエルによってユージィンが瀕死の重傷を負う。犯人と誤解され、母親から受ける激しい憎悪に、傷つくラファエル。そんな傷ついた心を抱えたまま、ラファエルは火星軍の「最終兵器」として地球へ向けて出発することになる。一方キャッスルは、病床のユージィンにひとり呼び出される。重苦しい会話をかわすうち、彼の青緑の瞳にとらわれたキャッスルの心のうちに芽生えた思いがけない感情は…。
 私にはユージィンは何を考えているのかさっぱりわかりません(苦笑)。この巻で一番かわいそうなのは、地球に旅立ってしまい、そんなユージィンに振り回されてる事に気づける状況でないラファエルではないかと思います。また、本人(キャッスル)の預かり知らぬところでは、オブライエンによってキャッスルの出生の秘密が語られてました。思惑が交差してるって感じの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宴 キル・ゾーン

2001/07/05 17:59

「キャッスル、お城に行く。」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 コロニーE(エルディア)での戦闘は、ラファエルの活躍で火星都市の勝利に終わった。帰還したラファエルを待ち受けていたのは、火星の民衆の熱狂的な歓迎だった。一方、同じく火星にやってきたキャッスルとエイゼンは、情報部長官ヴィクトールの監視下に置かれる。どうやら彼は、火星都市の元首でラファエルの父であるユージィンと対立しているらしいのだが…。
 この書評の題名は著者のあとがきから引用したのですが、まさにこの巻にぴったりなお言葉です。前回の戦いでユージィンに火星の英雄に持ち上げられたラファエル。キャッスルは容易にラファエルと会うことは出来ません。でも、ヴィクトールの客人としてならパーティーに同席してラファエルと会う事が可能です。そして、キャッスルはパーティーに出席すべく、厳しい指導を受け、美女へと変身します!表紙のキャッスルはその姿です。そして、読み終え、いざあとがきを読むと、題名のようなお言葉を須賀さん(著者)は書かれていたのです。かなりウケます。まさにその通りって感じです(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本赤と黒 キル・ゾーン

2001/06/22 13:26

不吉な色=「赤と黒」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 キャッスルはエイゼンが自分を守ってくれるのは、お金で雇われているためだったと知る。そんな衝撃的な事実を知らされたキャッスルだったが、エイゼンとは、今まで通りの戦友であり続けている。一方、敵の基地に連れ去られたファラエルはもう一人の人格・サリエリへと変貌していた。そして、同じユーベルメンシュである火星の工作員マックスと対決する。
 本の始めの方で、前巻(『嘘』)で、エイゼンに裏切られ、ファラエルと死別したと思い、精神的ダメージが大きいキャッスルが読んでいて痛々しいです。また、この巻で彼女はラファエルへの気持ちを自覚します。最後の方でラファエルと再会し、ラファエルの人間ばなれした力を知っても、それを受け入れる彼女は読んでいて、とても好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女は強い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 23世紀の地球は治安部隊(月)対レジスタンス(地球)の大内乱の時代をむかえていた。そんな中、治安部隊の分隊長・キャッスル(女性であるにもかかわらず、とても強く、周りからも一目を置かれる存在)は激戦地ボルネオで、勇敢にたたかっている。ある日、敵に捕らえられた仲間を救出に行きたいと上官に申し出る。しかし助っ人という名目で新しく入隊してきたのは、とんどもない不良ばかりだった。
 「一寸先は闇」という言葉がピッタリではないだろうか…という戦場でキャッスルとその仲間達は自分の命をかけて戦い抜いて行く。いつ誰が倒れてもおかしくない!という状況下の中、読んでいる自分も最後までとても気が抜けない。これはシリーズの第一作目となる。個人個人にとても個性があるのだが、まだ、ここでは出し切れていなように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誰かを思う“強さ”に感動します。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 鬼外カルテシリーズの第一作目です。
 虚空族(=何かを求めるが為に死ぬ事の出来ない体になってしまった存在)と妖異族(=人の輪廻から外れ、妖怪になってしまった存在)と人(=輪廻転生を繰り返す存在)のお話。
 虚空族である鬼外に拾われた一人の妖異族である河童の少年・星河。河童の世界では90年間水主として川を守って生きれば、生まれ変わりの「場所」をもらえ、生まれ変わる事が出来る。過去に2度、新しい命をもらい生まれ変わろうとするが産まれる前に事故などで失敗してしまう。そして今回の3度目の新しい命も失敗に終わってしてしまった。しかしその3度目の失敗には理由があった。「河童に戻りたくない。人間になりたい。」その為には誰かの“身も心も”手に入れて、その魂を奪わなければならない。星河は章吾という少年の魂を狙う。章吾は本来なら星河の父親になるはずの人だった。1月以内に魂を奪えなければ星河は死んでしまう。だがいつしか星河は章吾の惹かれてゆくのであった。
 この話はアンハッピーです。それはある意味、鬼外カルテシリーズすべてに言えるでしょう。だが、とても感動的な話です。誰かを愛し、命をもかけてしまえるという事はとてもスゴイ事だと思います。私は何度読んでも泣いてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

気持ちが前向きになれます。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 住み慣れた星が滅び、地球へとやってきた若草四姉妹。異星人だとバレないように、地球人のフリをして静かにコッソリ暮らしていた。しかし、その平穏な生活を破ったのは、学校一の色男、嵯峨であった。三女の結里(ゆり)は学校に遅刻してしまわないように通学路をひた走っている時、バイクで通学途中の嵯峨にぶつかってしまった。普通はココで、歩行者がはねられるであろう。しかし、異星人の結里は、こともあろうにバイクをはねてしまったのだ。弱みを握られた結里は突然の嵯峨の交際申し込みを断れず付き合わなくてはならなくなる。そして、付き合っているうちに結里も嵯峨に惹かれていくのだった。しかし、嵯峨は学校一の色男。嵯峨と付き合う事を良く思わない女子の妨害により、異星人だとばれてしまい…。
 この三女の他にも、姉妹1人1人のお話が一話ずつ描かれています。キャラ1人1人がとても個性があって、どの話も楽しむ事が出来ます。また、コメディーっぽく描かれている為、とても読み易いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

命の重さを考えさせられます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 循環器内科へと研修を移った斉藤は、不安定狭心症の患者の担当となった。斉藤はすぐに手術が必要な事実を隠すように命じられ、患者はそんな斉藤に不信感を抱く。「医者とは何か」…この単純で切実な尋問から、斉藤の必死の抵抗が始まる!医療界からも驚異的反響をうける衝撃の医療ドラマ、緊迫の第2巻!!(裏表紙より転載)
 大きな有名な病院だからと言って、手術が上手いわけではないということが、この本では語られています。小さな病院でも沢山の手術をこなしているところの方が絶対いいのです。大学病院は一つの組織で、他の病院を進めるような事をした場合、その人のその後の出世は断念しなくてはならなくなり、研修医の斉藤の場合、辞表を書いて医療界から去らなければならなくなるという事が描かれています。本当に患者さんのことを思って医療をしてる人って日本にどれくらいいるのでしょか。お金の為。名誉の為。患者の命は医者のちょっとした事で左右されるのです。人間の命の重さって何なんだろうと考えされられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

病院に行きたくなくなります・・・。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 超一流の永禄大学付属病院の研修医・斉藤栄二郎、月収わずか3万8千円。同大学医学部卒業から3ヶ月にして、初めて一人で患者を受け持つころになる。研修医・斉藤は理想とかけ離れた日本の医療の矛盾に苦悩しつつも、懸命に日々を送る!連載早々大反響を巻き起こした衝撃の医療どらま、堂々の登場!!(裏表紙より転載)
 本当に現実でありそう。ってゆーか、現実にあってるんだ…と認識させられる本です。友達は読んだあと、「何があっても絶対大学病院には行きたくない!ってゆーか、病院に行きたくない!!」と言っていました。私も同感です。これを読んでしまったら絶対に大学病院には行きたくなくなります。大学病院っていったい何なんだろう…って思いますよ。夜間はまだまだ勉強段階の研修医が病院をまかされてるんです。慣れたプロの医者の人が夜間の病院にいることはほとんどないに等しいんです。本当にこれを読んでしまうと、大学病院に対して恐怖感が生まれてきますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本笑う大天使 第2巻

2002/07/31 10:25

読後の満足感はすごいです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 巷を騒がす名門女子高生連続誘拐事件の犯人一味が学園内にいた。偶然からホシをつきとめた史緒、柚子、和音の3人だったが、あえなく人質にされ、車で人身売買組織の本拠地に連れ去られてしまう。だが、彼女たちには化学実験で授かった超人的パワーがあったのだ……。異国に売り飛ばされようとしている先輩お嬢様を助けるため、大天使たちよ、いざ力を結集せよ!そして偉大なる奇跡を起こすの!?(裏表紙より転載)
 すごくおもしろくてすごく満足出来る本でした。1巻で3人は不思議な力を手に入れてたし、絶対この誘拐事件は彼女達がおもしろおかしく解決するんだろうな…とは思ってました。でもこの本はそれだけじゃなかったんです!その後、彼女たちがどのような人生を送ったのかがたくさん描かれていました。彼女たちのその後の人生は笑いあり涙ありです。とくに柚子の話では感動して泣いてしまいました(苦笑)。本当に読んだ後は満足度が高いです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7巻は丸々バトルです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高校野球のイメージソングの座を争うため、BEATMENとPRIVEE、そしてBABY NAKEDの3組がバトルを開始します。特別番組の中で3チームは20分のライブを3組同時に行います。テレビ画面を3分割し、3組の映像を生中継。観たい!思うチームに電話orインターネットで投票。その投票に応じてテレビ画面の大きさに変化していく仕組みです。最終的に20分後、一番画面が大きかったチームがイメージソングを歌うことになります。そしてこの7巻のラスト2ページでちょうどタイムアウト!結果は?!って所で8巻へ持ち越しになってます。かなり気になります(苦笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

復活!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ボイスレンジャーとしての総仕上げです。S−FIELDにボイスレンジャーの放映権を奪われてしまった彼らは他の方法で世にボイスレンジャーを送り出します。その方法がすごく今どきって感じです。そして大成功を収めた彼らは再び芸能界に舞い戻ってきます。その後はまた芸能活動を開始…かと思われたんですが、その前に事務所がない彼らは仕事の片手間で事務所探し。仕事でも豪のお父さんが出てきてゴタゴタしてしまったり、昔REDSHOESにいた綺麗でやり手なんだけど、すごく使えない(?)人も登場したりと、まだまだ芸能界で成功する前にやることがたくさんです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

NARUTO 12

2002/07/24 23:16

第三の試験・本選は最初から白熱です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 エリート忍者のネジか!? 落ちこぼれのナルトか!? 中忍選抜試験、採集試験・本選、緒戦から相まみえるネジとナルト! 呪印を背負って戦う天才・ネジにナルトは体当たりでぶつかる!! 今、決着の時が来る…!!(裏表紙より転載)
 いよいよ第三の試験・本選が始まりました。そして一回戦第一試合から白熱の試合が始まります。ナルトと日向ネジの試合です。誰しもが日向ネジの勝ちを確信していたでしょうが、ナルトも忍術学校時代とは違います。それに本選前の一ヶ月の修行の成果も発揮し、互角の試合を展開します。そして試合の後、日向一族に対するわだかまりが消えたネジの笑顔がすごく印象に残ります。そして次の試合はシカマルとテマリの試合です。策士タイプの2人の試合は知恵と知恵のぶつかりあいでした。普段ぼぉ〜っとしてる感じのあるシカマルの頭のキレにはびっくりでした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

NARUTO 巻ノ11

2002/07/24 23:14

本選前の修行

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 第三の試験の本選を前に謎のガマ仙人と修行を始めたナルト。だが、その頃、我愛羅に勝負を挑んだドスは一瞬の内に倒された…。そして、それを傍観するカブトと砂の上忍・バキ!! 恐るべき密約が今、明らかに!!(裏表紙より転載)

 すごい人物が登場します! あのカカシ先生がいつも持っていたイチャイチャパラダイス(通称:イチャパラ(笑))の著者です! 登場した瞬間は私は大笑いしてしまいました(笑)。ナルトは第三の試験・本選が行われるまでの1ヶ月、修行に取り組みます。そしてそこでナルトはチャクラをもっと使いこなすために自分の中にいる九尾の妖狐と向き合います。また、我愛羅についても少しわかります。少しわかる…というか、もっと疑問が増えると言ったほうがよいかもしれませんが…(苦笑)。そしてラストの一話から本選が開始されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

122 件中 1 件~ 15 件を表示