サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. piyochanさんのレビュー一覧

piyochanさんのレビュー一覧

投稿者:piyochan

紙の本オタクはすでに死んでいる

2012/01/29 19:43

厳しい峻別、「オタク」と「マニア」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「オタク」の発生と変遷、大衆化による消滅までを、自称「オタキング」の著者が綴ったもの。ノーマルな方は別に気にすることはないでしょう。私は「軍事オタク」と「鉄道オタク」を目指しているのですが、これは、著者によれば「オタク」ではなく、「マニア」ということになりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「投資」っていうか、お金を使うときの「判断ミス」の分析です。

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何かを判断したり選択する時、人は「他人の意見に大きく左右される」こともあれば、逆に「初めから決めていて、あとから理由を探している」こともあります。それから「働いて得たお金」と「拾ったお金」ではその「重み」が違うと感じる為、使い方が違ってきます。時間もまた然り、でしょう。そういった「人間心理」を分析した本です。「行動経済学」というそうです。株式投資に付いては他の本の結論と同じで「あれこれ考えて売り買いしても、相場の平均値にはかなわないから、インデックス投信にしましょう」ということです。また「インフレリスクヘッジには株式が必要でしょう」とも。この本を読んで「常勝の相場師」にはなれませんが、「慎重な運用を心掛ける手助け」にはなるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

証券業界からの「投資信託を買おう!」本です。

33人中、30人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投資信託は、証券会社がリスクを負うことなく(リスクは買った顧客が負う)、安定して手数料が得られる商品ですから、証券業界が売りに来るのは当然で、最近ではそのカラクリを指摘し「投資信託は、やめましょう」本が多く出ています。

この本はそうした傾向に歯止めを掛けるべく、証券業界から(筆者の経歴参照)「金融リテラシーを高めよう」という触れ込みで、実のところは「投資信託を買いましょう」と読者を促す内容です。全編を通して、「投資信託を買いなさい!」としか、言っていません。

筆者は、「リスク商品に手を出さないと、2005年の株価40%上昇の利益を逃した」と言いますが、「バブル崩壊の株価下落による大損した可能性」については触れません。投資信託を作っているファンドマネージャーが、「その運用成績は、サルのダーツ投げで選んだ銘柄構成に負けた」ことを言いつつ、別の章では、「ファンドマネージャーは、その道のプロ。10年かけて知識と技術を養った外科医と同等だから、素人はかなうはずがない」と、株式市場への素人の参入を止めて、「だから、プロの作ってくれた、あるいは素人では手が届くのが困難な海外・新興市場株式を組み込んだ、投資信託を買いましょう。その分の手数料は、たとえば「会社四季報」を買うのと比べれば、高くない」と言います。

外科医の方、同意されます?外科医の技術は(ファンドマネージャーより優秀な運用成績を上げた)ダーツを投げたサルにもまねができないと思いますが。無茶苦茶な比較ですね。

ある章では、ノーベル経済学賞受賞者の主張である「損と得では、同じ金額でも損の方が大きく感じられる」といった説を紹介しておられますが、ノーベル経済学賞受賞者2人がファンドマネージャーに加わっていた、アメリカの投資信託LTCMの破綻については触れられていません。この2人って、著者が本書で「勉強すべき」と主張する「金融リテラシー」の、世界チャンピオンだったのではないでしょうか。

また、「リスク資産は定期預金と比較して、統計的には4~5%有利に運用できる」という箇所もありますが、統計学は過去の事跡を分析する学問であって、将来のことは何も言わないと思うのですが。単に、「これまでのある期間でそうだった」だけではないでしょうか。

私は、「投資信託は、何であれ、買うもんじゃない」と思います。リスク資産については、自己判断で、株式を個別に買うのがベストと思います。「ミニ株」もありますし。

ただ巻末にある、「住宅ローンはやめましょう=不動産は買うべきではない」という主張は、この手の本では、新鮮でした。「車の所有の是非検討」「生命保険の見直し」もよいポイントだと思います。

箔を付けたいという動機があるのか、巻末には有名人のコメントも引用されていますが、この方、家電メーカーの重役(一時期CEO)に迎えられながら、結局経営建て直しに有効な策を講じていないと思います。人は「何を言ったか」ではなく、「何をやったか」で評価すべきではないか、と。

他にも、基本的なところでツッコミどころ(銀行や政府の投融資をくそみそに言ってる所とか)がいくつかあるのですが、少々長くなりすぎましたので、他の評者に譲ります。

とにかく、投資信託は買ってはいけないと思います。証券会社だけが儲かる商品だと思うからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する