サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 関根成元さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

関根成元さんのレビュー一覧

投稿者:関根成元

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ほんとうの茶道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は「茶のオデッセー」である。作者は茶に関して全くの門外漢だが茶会に参じる煌びやかな和服の群れと利休の茶は同じものであるはずがないとの疑問を持つ。表題の「私が死ぬと茶は廃れる」は利休居士晩年の言葉だ。「(私の死後)十年ヲ過ギズ、茶ノ本道廃ルベシ。廃ル時、世間ニテハ却ッテ茶ノ湯繁盛ト思フベキ也」開祖の予言に接し、三鬼の疑問は深まる。
 金津滋。松江市に住む最後の茶人。茶を趣味ではなく生活そのものとする人、七軒所有していた貸家を全て茶道具に変えた男。金津との対話を通じ、三鬼の目に「茶」の姿が見えてくる。
 歴史の中で時代の煤や綿埃を幾重にも被っていた茶道をはたきで払い陽光に曝したような爽快感が読後に残る。三鬼に話を終えた後、金津は急逝する。かの岡倉天心は日本文化のエッセンスである「茶」を外国人に紹介するため英語版「茶の本」を刊行した。三鬼英介は日本文化を忘れてしまった日本人へ、現代版「茶の本」を執筆したのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示