サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 古宮 京人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

古宮 京人さんのレビュー一覧

投稿者:古宮 京人

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ライディング・ザ・ブレット

2001/06/16 17:02

48時間で50万人がダウンロードした話題作!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 人は動物の中で唯一「恐怖」を楽しみ「恐怖」を欲する生き物。一説には、人は恐怖するとき脳からアドレナリンを分泌し、その快楽を得たいが為、脳が更なる恐怖を求めるのだという。

 では、真の恐怖とは何だろう? クリーチャーやゾンビか、はたまたスプラッターや幽霊だろうか? 近年のキングは、単なる「ホラー作家」からすっかり脱皮し、「ホラー&ファンタジー色の強いエンターテイメント作家」を目指しているようだ。

 本書は、キング自身「骨の袋」以降は所謂「幽霊物」は書かないと言ってたように「グリーンマイル」や「ミザリー」、「塀の中のリタ・ヘイワード」や「痩せ行く男」などの作品と同じカテゴリーに入る小説で、約120ページほどのボリュームにも関わらず他の長編に引けを取らないほどの伏線と「全てのピースが収まるべき場所に収まる」仕掛けの正にキング・ワールドを凝縮した作品に仕上げられている。

 ここでストーリーに触れるとネタバレしてしまうのでやめておくが、本文にある「ジェット・コースター(ブレット)へ並ぶ人の列」のくだりや「人間はだれしもさいごにはブレットに乗るのではないだろうか?」というくだりには、本当によく練られた伏線だと改めて感心してしまう。

 唯一惜しいのは、本書があまりにも(ファンにとっては)短い作品ということだ。では、あなたもキングの新しい恐怖の扉を開けてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜を喰らう

2001/05/25 20:28

660円で食えるフランス料理!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まず、タイトルに引かれた。「夜を喰らう」…やられた!しかし、この小説も「おフランス流理不尽な終わり方」をするのか?

 出だしはご多分に漏れずいい感じ。結構いいテンポで読ませてくれる。90年代初頭までのポップ・アルチャーなんかもテキトーに散りばめられてるし、かなり映画化を意識してないか〜?

 面白いんだけど、結構アリガチな小説なんだよな〜。このままじゃよくあるハリウッド映画だぞ! もっとヒネッテ楽しませてくれー!!

 と思いきや、やってくれるね〜ッ!残り3分の1に突入してからは期待通りのフランス映画調に。う〜ん、いい薫り。やっぱこーでなくっちゃ。

 ストーリーに決着が着いたかに見えてからがよかった! 久々の「フィルム・ノワール」が薫る小説(でもちょっと薄味!?)。

注:フランス小説としては4つ星!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示