サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 三月うさぎさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

三月うさぎさんのレビュー一覧

投稿者:三月うさぎ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本クォータームーン

2001/02/01 02:54

まさに現代的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現代の社会でありそうな事件を取り上げるという事で、読者の心をひきつけたという印象をもっています。機械に頼り、PCが無ければ仕事が進まないという方も多くいる現代社会で、次にPCに乗っ取られるのは純粋な子供の心だという事です。PCを使いこなす子供もかなりたくさんいます。そして子供によくある、二次元と三次元の格差が無くなるということがどれほど大きな問題であるかを説いている本でもあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レフトハンド

2001/02/01 03:04

クォータームーンに引き続き…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 クォータームーンと同じで中心に据えていることは、「現代社会の延長」ということです。ここで取り上げられた会社では、人のためを思って開発された薬品が結局は人間を滅ぼしかねない危険物となり、しかしその事実を会社役員はトップシークレットとして偽の情報を流すところは本当に現代社会にあってもおかしくない問題なのではないでしょうか。現実の世界との境界線の上を歩いているような気分になります。ラストがはっきりしないのも、登場人物にはまだその先に待ち受けている運命、人生があるのだということを示し、まさに現実との境をうやむやにする一つの演出ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示