サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 言語の思想さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

言語の思想さんのレビュー一覧

投稿者:言語の思想

1 件中 1 件~ 1 件を表示

言語には、思想が含まれている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書の書き出しに、本書は、「言語の思想」であり「言語と思想」ではないと強調していた。著者曰、各言語はそれ自体に思想を持っている。分かるような気がする。日本語で表現出来ない思想は日本人には理解出来ないのである。これは、面白い所に着眼したな、じゃ、それぞれの言語の持つ思想を解読してくれるのかと思って読み進んだが、残念ながらそういう記述は少なかった。「言語から見たマルクス主義とナショナリズム」「民族語の思想」としてソビエトにおける多言語主義の広がり、モンゴルにおける言語を解説している。
日本語に関して、漢字が教養の有意性を強調している。
私はかつて、「消えゆく言語たち」という書を読んだ。ここでも言語の文化的意味、言語が消えるということは、文化が消えるということという結論を読んだが、本書を読んでこれを思い出した次第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示