サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちわたゆうこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

ちわたゆうこさんのレビュー一覧

投稿者:ちわたゆうこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

世界が見える!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは、われわれにとってお馴染みのフランス、トイツ、英国などのヨーロッパ諸国の個々の情報でなく、それらの国を構成要素としたヨーロッパ圏が、実にはっきりと見えてくる本である。ヨーロッパ圏が見えるとそれに対比して米国が見え、グローバルの中での日本の位置が浮上して見えてくる。そして、ヨーロー通貨の導入が、グローバライゼーションという時代の波の動きへの対応として、長い目で着々と実施されたことを知ると、日本のその場その場の対応ぶりを危なっかしく思ってしまう。

また、ユーロー通貨同盟の成立で目指されたものには3つの理由があるという。強力な米ドルに対抗するもう一つの通貨を創出するためというのは想像できるが、ヨーロッパへの平和をもたらすためというハッと目を開かれる理由があったことを知ると、ヨーロッパの歴史の舞台と背景に対する理解がさらに深まる。

著者は、この本はユーロの入門書として書くことを意図したとあとがきで述べているが、通貨や金融問題の知識のない読者である私も引きずり込まれるように読んだ。解説は丁寧で分かりやすい。実に多くを学んだ。著者の意図は十分に果たされている。

この本を読んで、世界は、ワシントン、ロンドン以外の都市発の情報で読むことが必要なのだと分かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示