サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. すなっちさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

すなっちさんのレビュー一覧

投稿者:すなっち

13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本ベイビー・ブルー 2

2001/08/06 23:27

公認ホモカップルの丈と繁方に忍び寄る生霊?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 名門私立高校の寮が舞台のこのシリーズ。
 見た目と実際の役割が逆のカップル、熱血男前&墓穴堀りの丈と、冷静沈着&悟りきった繁方。
同室の二人は相変わらず仲良し。でも淡白な繁方は中々求めてくれないし、見た目と違って奥手の丈は、自分から誘えない。
 「繁方には感情というものがないのかも…」丈は内心そう思っていた。しかし、妖しく迫ってくる生霊こと高千穂に丈は危うく抱かれそうになる。危機一髪で逃げた丈に対し、繁方が放つ絶対零度の怒りが向けられて…。丈が浮気をしたのではと疑う繁方の嫉妬はすさまじく、静かな静かな攻めが丈を凍らせるのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ベイビー・ブルー

2001/08/06 23:13

生き仏こと繁方と、墓穴堀りの丈は公認カップル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

  このシリーズ。大好きです。
 誰が見ても「攻め」の丈は、反町似の熱血男。誰が見ても「受け」の繁方は、聖母または大仏の様に悟りを開いた微笑みを浮かべる生け仏。この二枚目カップル、実は役割が逆なわけで…。
 常に慈愛に満ちた微笑を浮かべ、性欲なんて全然なさげな繁方だが、丈に対してはそういう感情が働くらしい。超男前の丈だが、その方面はまるで初心。誘うのもリードするのも常に繁方なのだ。高校の寮が舞台の小説は数あれど、一風変わったキャラがたくさん出てくるこのシリーズは、他とは一味違ったBL小説だ。特に悪魔キャラの忍がツボ入りまくり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本旦那さまは危険な香り

2001/08/05 21:38

サブタイトル「旦那さまは欲求不満」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 このシリーズは、1巻毎に旦那さまである望月(攻)視点と、執事の遥(受)視点で書かれている。二人の思考回路のギャップがあまりにも違いすぎて毎回笑えるが、特におもしろいのはやっぱり望月視点の方かな。遥にメロメロな旦那さまが、精一杯無理して強がっているのが激カワイイ。そんな旦那さまを「クールで大人で素敵!(ハートマーク)」と思っちゃう遥も遥だし。
 遥の奥底に眠っていた淫乱な性(サガ)を運良く呼び起こしてしまった旦那さまはうれしくてうれしくて仕方が無い。しかし遥はそんな自分を恥じている。Hな自分の本性を旦那さまに知られたら嫌われる、と。自分の愛撫で身悶える遥のことを、旦那さまは大好きなのにね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラ・ヴィアン・ローズ

2001/04/23 18:05

ある日突然、禁断の5角関係!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一眞の2人の同母弟 皓一と真澄、そしてその父親たち。彼らは一様に、一眞に強い執着を見せる。不幸な幼少時代を送った一眞は、いつか誰かが愛してくれるのを待ち続けていた。自分を愛してくれる家族が欲しかった。
 血の繋がった弟2人は、強制的に一眞と関係を持つ。そしてその父親たちまでも…。
 「自分はいつだって被害者だった」。そう信じている一眞だが、本当の被害者は一眞の体から離れられない4人の父弟たちなのだろう(彼らが一番一途で純粋なのではなかろうか?)。
 4人からの愛を受けとめることで、一眞は欲しかった家族の愛を手に入れることができる。それが世間から見て若干歪んだ愛の形ではあっても…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第二部スタート!アメリカ留学編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ラブモード全開の二人の前に現れた謎のプラチナブロンドの男。
 何かと接触を持ってくるこの男に、マサシは不安を隠しきれない。そのことでリュウからはあらぬ疑いをかけられ、マサシは窮地に!

マサシ「これは俺の闘いなんだ。リュウには頼れない」
リュウ「日に日にマサシに対する独占欲が強くなる。マサシは気づいていない。自分の魅力に。人を惹きつけてしまう自分の危うさに」

 リュウも苦労性だが、マサシもいいかげん頼ってあげなよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夏の被害者 4

2001/03/18 13:35

疾風怒濤の第一部完結編!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 リュウのためにも、クリスマスまでに「進化(強くなろう、自分を変えようってこと)」しようとしていたマサシだが、以前トラぶった連中に拉致監禁されてしまい絶体絶命のピンチッ!
 リュウのためにも戦い続けるマサシだったが…。
 もうここまでくれば、この二人を引き離すことなんてできないでしょう。愛情と性欲は比例するのね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夏の被害者 2

2001/03/18 13:18

危険なリュウか、知性派の優か…揺れるマサシ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 マサシ初の○○体験!
 親友だと思ってた優に無理矢理抱かれ、リュウからは「俺のものだ」と言われ…間にはさまれたマサシは一時、リュウの兄の恋人の下を訪れる。そこでマサシが体験した天国の味とは。(笑)
 最後にマサシがリュウへの気持ちを自覚し、いよいよ激甘ムードに突入か…
 リュウの本音がわかる書き下ろしも入ってて、こちらも超オススメ! リュウったら、最初からマサシにこんなメロメロだったのネ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夏の被害者

2001/03/18 13:09

カリスマ竜には逆らえず!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高校最後の夏休み、ひとりバイク旅行を楽しむはずのマサシだったが…。
 がっちりした筋肉に覆われた猛々しい体を持つ肉食獣のようなリュウ。自分の軟弱な体にコンプレックス気味のマサシは、最初はリュウに反感を持っていたが、リュウいわく「誘っていた」ということになるらしい。さすが唯我独尊なリュウ。散々翻弄されたマサシだが、リュウの執着&独占欲には抗えず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

灼熱の肌

2001/05/15 18:46

髪の毛同様に輝くプラチナブロンドの×××ーヘア

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いよいよ「スキャンダル2」の撮影に入った和樹たちだが、今回の目玉はなんといってもプラチナアンダーヘア。顔は絶対に映さないという約束があるから安心なのか、和ちゃんはセンセの言うことはなんでも聞いちゃう。撮影の合間には、和ちゃんの「して・して」モードに真木村センセもたじたじ?! 離島のムードに酔わされているのか、はたまたセンセの教育が行き過ぎたのか?
 和ちゃんが快楽に弱くなっていることだけは確か! です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本危ない学園祭

2001/05/15 18:34

シリーズ第一部完!三人の関係に決着が。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 瀬川&沢渡と、この二人に愛される初心な須藤泉は、ラブラブな学園生活を送っている。奨学金をもらっている立場上、泉は学園祭でジュリエットを演じることになった。しかし、泉を狙う生徒会会長や先輩が企画した劇なので、なにかクサイと心配な瀬川&沢渡。そんな二人に、劇の練習が終わるたびボディチェックをされる泉。あげくの果てには土曜日・日曜日と二人にかわるがわる激しく愛され、泉の体力も限界に。そして、最後に現れた超美形の正体はなんと…。成長期ってスバラシイ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハレルヤ ただいま 2

2001/08/06 22:58

天涯孤独の寿人に暖かい家族ができた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前作「ただいま」で、双子の駿と瑛の家に住むことになった孤児院育ちの寿人。純真な寿人に、いつしか引かれる駿が、寿人のためにクリスマスを最高のものにしようと思い立つ。寿人にとってこれが初めて「家族」とすごすクリスマスになるのだから、と。しかし、寿人にとってはクリスマスは辛い思い出がよみがえる日でもあった…。
 思い立ったら一直線の駿と、そんな双子の弟を常に見守り、寿人のことも暖かく包み込む瑛。この双子に出会ったことで、寿人にもやっとスィートホームができたのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

熱・帯・夜

2001/05/15 18:18

開花する和樹。真木村センセの教育の賜物

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 和樹&真木村ペアとアンディ&風間ペア。この2組が顔を合わせばイタシテしまうせいで、話がなかなか進まない。後半、やーっと写真集「スキャンダル2」の撮影のため、沖縄の離島へ旅立つことに。そこでも、やっぱり…するんですね、センセ?
 ストレートだった和樹があれよあれよと開発され、いまやおねだりも上手にできるようになってしまった。う〜ん、あの純情な和ちゃんが懐かしい(遠い目…)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夏の被害者 3

2001/03/18 13:27

友情から愛情へ、素直になったマサシは超キュート

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本で大学生活を送っているリュウだが、実はアメリカの超お金持ち。リュウもアルバイトで仕事を手伝っているらしい。
 自分と住む世界が違うことで悩むマサシだが、リュウの過激で大きな愛情によって自信を取り戻す過程が、読んでいて非常に熱かった。日々たくましくなっていくマサシがほんとにかわいい。
 リュウがマサシを猫かわいがりする気持ちがわかるよ。
 リュウが風邪を引いて、マサシの家で看病される話も微笑ましくて良い! でも悦郎さんて一番怖い存在かも…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示