サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. HANAさんのレビュー一覧

HANAさんのレビュー一覧

投稿者:HANA

24 件中 1 件~ 15 件を表示

イケメンサラリーマンたちの3角関係?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 シリアスに成りがちな三角関係が、この作者にかかれば超甘甘なHappyストーリーになってしまうから楽しい。まず主人公の永井は、大学時代の後輩 斎藤に想いを寄せている。その斎藤は胸のでかい女性と結婚してしまうのだが、結婚初夜に逃げられる。斎藤が結婚したショックで一人飲んでいたバーで、斎藤の嫁の元彼 本田と出会った永井は、自棄酒べろべろに酔っ払いその後二人はホテルへ…。とまあ出会いはこんなんだけど、その後は、ダントツでかわくて健気な永井に、本田のみならず斎藤までもがメロメロになっていくのは当然の展開。だって永井みたいに面倒見が良くて、天然でおもしろくて、暖かくて、情に溢れている人をほっとけるわけないし。3人のバトルの行方はどうなるのでしょう? ぜひ続編を希望!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本俺は悪くない 2巻セット

2001/08/05 22:29

ノーマルな梶が入った映画研究部は曲者揃いで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いじっぱりで、いじらしい。そんな中村は梶に片思い中。
 恋愛経験の浅い中村の頭の中は、梶のことでグルグル。そんな中村の恋心に気づいた梶は、どうしたらいいかわからない。だが、だんだん中村が可愛く見えてきて、自分の夢を素直に語ることのできる存在の大切さに気づく。
 ラスト近くに大学卒業後の話が載っているが、これがまた最高に面白い。大学時代から早8年が経過していて、相変わらず中村と梶はラブラブ同棲中。そこに梶のいとこの誠(13歳)が絡んできて…。梶教信者ってみんな素直でいい子たちばかりだね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正志が拉致された!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 留学先のフィラデルフィアで激甘生活を送っている正志とリュウだが、正志にじわじわと忍び寄る隣人・オスカーの影。どうやらオスカーは正志に「アンジュ」という人物をオーバーラップさせているらしい。そしてオスカーの執拗な接触の末、とうとう正志は拉致され、人里離れた古い建物に監禁されてしまう。
 それから狂気に包まれたオスカーとの長い監禁生活が始まった。そしてオスカーの過去がだんだん明らかになっていく…。
 果たしてリュウの救出は間に合うのか?あくまで正志を復讐の道具として、またアンジュの代わりとして正志を扱うオスカーの壊れた魂に救いはあるのか?
 過激なラブラブモードだった今までと違って、この巻はちょっとせつないしっとりモード。早く続きが読みたくなる終わり方だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

明るい少年&青年の純愛短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表題の『やらしい昼下がり』は、親友の尾崎に片思い中の隆文が、あることがきっかけで家庭教師先の生徒 淳也に無理矢理体を奪れる。でも淳也もかなわぬ相手に恋していて、その気持ちを知っている隆文は、そんな淳也を慰める。
 二人の気持ちがいつしか近づき、尾崎の一言がきっかけとなって、お互いの気持ちがはっきりする。やってることは大人だけど、行動はお子ちゃまな二人が愛らしい。山田ユギさんのお話は登場人物がほどほどに男くさく、Happy Endモノが多いので大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その男、凶暴につき

2001/08/05 22:01

ファザコンの千尋が選んだ相手は凶悪危険な雰囲気を持つ男だった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 天使のような(←いいかげん使い古された表現)容貌を持つ千尋は、ある日泥酔して路肩に停まっていたフェラーリをぶっ壊した。そのフェラーリの持ち主・砥上秋一郎は、どうみてもヤクザの若組長。酔っ払って絡んでくる千尋を殴ろうとして、胸倉をつかんだ秋一郎の腕が千尋の顔を見て一瞬止まった…(おそらく千尋のかわいい顔に見とれたのでは)。
 親友・加賀谷の機転でその晩はなんとか逃げ切ったのだが、翌日秋一郎に大学で待ち伏せされた千尋は、一晩付き合ってくれたら車の修理代をチャラにしてくれるという秋一郎の言葉を信じ、車に乗り込む。そこで明かされた秋一郎の正体は以外にもカタギの弁護士。そして昔死に別れた秋一郎の婚約者と、自分が似ているという話を聞いた千尋は、同情して身代わりとして付き合うことになったが…。
 全てが明らかになった時、百戦錬磨の秋一郎が千尋の尻に敷かれる日も近そうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

至上の愛へ、眠り姫

2001/05/26 22:30

禁断メルヘン、ついに完結!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 異国の地で、新たな調教を受ける眠り姫。奴隷の使命は「主人をとりこにすること」。従順で淫乱な姫は、大変優秀な「快楽奴隷」となる。
 前巻まではSMポルノちっくな趣が強かったが、この巻ではどことなく「やおい」な部分が見え隠れする。また、主人と奴隷の、下克上なリバーシブルOKのストーリー展開にも胸を躍らせた。
 知らなくてもいい世界が世の中にはたくさんあるが、同じ趣味を持つ良きパトナーにめぐりあうことができれば、そんな世界でも薔薇色に輝くのかもしれない。たとえそれがSMの世界でも、二人の趣向が一致すれば、それはハッピーエンドとなる。
 終わりの台詞はもちろん「めでたし、めでたし」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まるでパイ生地のように折り重る人生模様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 読み終わって即効ケーキ屋さんに走った。それくらいオーナーの橘が説明するケーキや紅茶の話を聞いていると垂涎モノ。その橘に高校時代こっぴどく振られ、今では魔性のゲイとなった天才パティシェの小野、そして見習いパティシェで元天才ボクサーのジャニーズ系神田。この3人が切り盛りするケーキ屋「アンティーク」にやってくる人々が織り成す様々な人間模様。少ない登場人物の過去にスポットを当てていき、その人生の成長と苦労がちょこっとずつわかる展開。まだ小出しなところが多多あるが、個人的には小野のパリ修行時代の話が知りたいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ホストの花道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 新宿のホストクラブが舞台のこのシリーズ。久々の続編登場です。主人公の鷹秋はホストという職業なのに付き合う相手は男ばかり。自分では意識しなくても男心をがっちりGETしてしまう魔性のホモなのです。彼のポリシーというかホスト美学には、後輩の新川や、鷹秋を一人前のホストに仕立てた岩城をもうならせる。鷹秋を中心にして不安定だった男たちのバランスも、幾分安定してきたようだ。それは鷹秋が、岩城をやっと自分だけのものにできたから。そして岩城も鷹秋をもう手放さないと決めたから。新川にもまだチャンスはあるのだろうか?まだまだがんばって欲しいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

強引・傲慢・それも愛情

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ますます重くなっていく部長の愛に押しつぶされそうになりながらも、必死で持ちこたえている榎本。そんな二人にこの巻では数々の試練が訪れる。それに伴って数々のシチュエーションHが…! 普通の恋人同士でもここまでお約束な展開のHばかりを体験できはしないだろう。オフィスのデスクで・資料室で・病院のベッドで(お医者さんごっこ?)などなど。榎本の幼くてかわいい顔に騙されるが、もしかして、やってることは滅茶苦茶ハードなのでは! とにかく楽しいシリーズで3巻の発売が待たれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あまりにも重い部長の想い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 超男前で仕事もバリバリのエリート部長に見初められ、アフター5どころか仕事中も翻弄されっぱなしの新入社員の榎本。ドジで能天気に見える榎本だが、これが結構苦労人。病気がちの母親と幼い弟2人を養っている一家の大黒柱なのだ。すぐにパニックになって目をぐるぐるまわしてしまう榎本を、部長はヘビーでハードな愛情表現でもって、カマってカマって構い倒す! こんな部長につきあっていける榎本も結構体力あるよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

無敵なぼくら

2001/08/05 21:16

サブタイトル「無敵な委員長」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 同じクラスの委員長・露木と、学校の廊下で衝突してしまった水木渉の不幸はここからはじまった。確かに校内を自転車でかっ飛ばしていた水木が悪いのだが、この事故は仕組まれたもので…。
 自転車が大破するほどの事故だったので、委員長も怪我をしているのでは、と心配して保健室に連れて行った水木だが、通常、交通事故の後に残るのは被害者と加害者の話合い。被害者である露木が持ち出した「示談」の内容は、水木を抱くことだった。
 露木の身体を張ったアプローチに、半ば呆れ、そしてほだされていく水木なのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君が好きなのさ 7

2001/07/13 21:36

この巻は「君好き」ファンには大事件!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 なんと、この巻からイラストが変わりました!
 浅井が、むさくるしい→ちょっといかつい美形
 つぐみが、どうみても男の子→美人
 という風に変わった、と私は思うのですが。まあ、好感が持てるイラストなのでOKなのですが、途中で絵が変わるって、結構複雑なものがあります。
 さて、話の方は、全巻でつぐみがやーっと告白してから毎日がハッピーなお二人。あいかわらず浅井は、いつでも抱きたい、いつでもやりたいと思っている。対してつづみはというと…。「何もしない」二人の時間を大切に思う。そんなつぐみの気持ちに答えようと、必死で欲望を理性で押し殺そうと我慢している浅井がかわいい。浅井のHなリクエストに、前ほど抵抗をみせなくなってきたつぐみの成長に、1巻から二人を見守ってきた読者として、大変喜ばしいことだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本過敏症

2001/07/13 21:13

やっと二人は結ばれて…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 病気の総なめを狙っているかの如く、何か事件があるごとに体調を崩す魚住。今度の病気は「過敏症」。
 どうやら今回の急性過敏症は、全巻の「メッセージ」で、親友の久留米に突然キスされたことが原因らしいのだが、それ以来どうも二人の間に流れる空気が尋常じゃない。キスされた魚住は久留米に好きだと告白済みだが、久留米の気持ちはいまひとつはっきりしなくて。
 そんな二人の間に、魚住に一目ぼれしたという三鷹が現れ、あいかわらずのんびりしている魚住に、久留米はヤキモキ。
 そして、久留米はやっと自分の気持ちに正直になり…。起こした行動が、笑っちゃいました。マリさん、すき焼き食べたかったでしょうね。
 ここまでくるのにとっても時間がかかったけど、これで不幸の百貨店である魚住にも、やっと幸せが訪れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本恋はこれから始まる

2001/06/24 17:28

無意識・無自覚。根っからの受け体質。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公の智史は、同級生の鉱に片思い中。鉱も智史のことをなぜかほうっておけず、何かとかまいたがる。鉱に自分の気持ちがばれないよう無理をするけなげな智史がせつない。一足先にゲイだと自覚した智史に比べ、鉱は自分の気持ちに気づかず、周りの友達が智史にちょっかいを出すたび不機嫌になる。それが『嫉妬心』だと気づいた鉱だが、同性相手に恋愛感情を持つことに抵抗を感じる。しかし、そういう嗜好を持つ者にとって、智史がいかに魅力的でもてるかがわかるにつれ、鉱ものんびりしていられなくなる。そのうち、智史を手放せなくなり、この関係に夢中になっていく鉱であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アリバイ

2001/06/24 17:06

年上のクールビューティーに振り回されて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 義月さんの作品は生々しくリアリティがあるため、少し痛いところもある。この作品は、年上のしかも同性相手に一目ぼれした高校生 亨が、みるみる逞しくなっていく成長物語。最初は年上で独占されることを嫌がる佑希に振り回される一方だった亨が、生来の素直さに加え、経験をつんで大人の男として大きくなっていく。そんな亨を、佑希は手放せなくなっていく。年上の余裕で、適当な付き合いをしているのかと思ったら、実は9歳もの年齢差を気にしていたのは佑希の方だった。若い亨を縛ってしまうことに不安と責任を感じ、のめり込むことができなかったのだ。自分の気持ちに正直になって、亨に正面からぶつかっていくことで初めて本物の恋人を見つけることができた佑希。そして亨は、いとこの君春から佑希を無事『略奪』することに成功するのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

24 件中 1 件~ 15 件を表示