サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. スズさんのレビュー一覧

スズさんのレビュー一覧

投稿者:スズ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本捜査官ケイト

2001/09/13 11:45

女性のゲイ捜査官、誕生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現在、ミステリー小説にはさまざまな探偵や刑事が誕生しているが、とうとうレズビアン捜査官が登場した。
 この本は’94年のエドガー・アラン・ポー賞をを受賞した作品で、ミステリー小説として大変楽しめる。ミステリーがシリーズ化されるには、魅力ある脇役の存在が不可欠だが、「捜査官ケイト」に登場する人物はその期待を裏切らない。主役のケイトをはじめ、恋人のリー、サンフランシスコ市警の捜査官アル・ホーキンなどなど。最初は新任のケイトをパートナーにあてがわれ、うんざりしていたベテランのホーキンだったが、1つの事件を追いかけていくうちに、いつしか二人には強い絆が生まれていく。
 そして、あることがきっかけで、自分の恋人が同性であることをカミングアウトすることになった。一見、頭が固そうで偏見の塊のようなホーキンだが、ケイトのことを知るにつれ、いつしかケイトの一番の理解者になっていくのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本愚か者の町 捜査官ケイト

2001/09/13 12:05

痛手を乗り越え、現場に復帰したケイト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 第一作では、男性優位な職場である「警察」に勤めているケイトが、ある事件がきっかけで結果的にカミングアウトすることになってしまいサンフランシスコで一躍有名人になってしまった。
 めでたくシリーズ化になりその2作目である本書では、前作で負った試練を乗り越えて、再び捜査に復帰し、ホーキンとのコンビが復活したところから始まる。今度の事件の容疑者は「愚者(フール)」と呼ばれる男。彼は「自分の言葉を話さない」道化だった。彼の話す言葉は全て有名な哲学者や作家が書いた本からの引用。フールの話すことに誰もが耳を貸さず、解読をあきらめていたが、ただ一人ケイトだけは、フールの言葉に事件解決の糸口があると気づく。果たしてフールが犯人なのか?
 ケイトをはじめ、同棲中のリーや相棒のホーキンがあいかわらず魅力的だ。またホーキンの恋人やその娘が登場する機会が増えそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示