サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 紫蜘蛛さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

紫蜘蛛さんのレビュー一覧

投稿者:紫蜘蛛

1 件中 1 件~ 1 件を表示

死よ光よ

2000/12/18 23:55

アメリカの底なしの苦悩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 癒しと再生の光を掴む冒険小説と帯にはあるが、そんなに単純で脳天気な物語なのだろうか。
 結腸癌を患った余命9ヶ月の老人が、元外科医であるがゆえに知る、癌患者の末期の悲惨さから逃れるために自殺を決意する。それは至極まっとうな思いであろう。しかし、そんなまっとうな思いが遂げられないような、キリスト教や社会の呪縛がある。そこで、自殺を事故死と見せかけるためにいろいろと小細工をしなければならないところに、この老人の悲劇がある。
 この老人は、アメリカ社会・物質文明テクノロジー社会の象徴のような存在である。心臓外科医になることにより神を信じられなくなり、さりとて、自殺のタブーを振り切れずふらふらとさまよい歩く。
 流浪の旅人に出会って、東洋の神秘に憧れ、托鉢僧のように野垂れ死にし土に還ることを願うが、物質文明社会にどっぷり浸かった老人は、そこまで思い切ることができずにマリファナという安直な道具をもらって、それに一時的な癒しを求める。それは、60年代のヒッピームーヴメントを通過して麻薬だけが残ったアメリカ社会そのものではないか。
 いさぎよく死にきれずさまよったあげく、思わぬことから不法入国のメキシコ人の赤ん坊を助けることになる(第三世界からさんざん搾取して悲惨な状況に追いこんでおきながら、ちょっと手助けしていい気になっているアメリカそのものだ)。それでちょっと希望を得た気になって、父の形見の猟銃を捨てる決意をするが、問題は何も解決していない。末期癌患者の悲惨な末路が待っているだけである。
 死にきれずに家に帰ってきた老人は娘に電話をかける。「今、家に着いた」という最後の言葉は、とても再生の光を見いだした言葉とは思われない。無限地獄の入り口に立ったような恐ろしさがある。
 物質文明社会にどっぷり浸かった我々が、苦悩し、もがく姿を描いた恐ろしい小説として読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示