サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 後藤健介さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

後藤健介さんのレビュー一覧

投稿者:後藤健介

1 件中 1 件~ 1 件を表示

実は,ほっとする本なんです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 わたしが編集担当をした本に賛否両方の書評が寄せられたようで,どちらにも御礼をもうしあげます.
 「実感」が正しい,ですか…….もうちょっとだけ想像力を働かせてみてください.たとえば,自分がいろんな理由で一人親の家庭の子であったり,親であったりしたとしたら.自分が,キャリアか子育てか,ぎりぎりのところで悩まなければいけない女性だったら.自分たちが子どものできづらい体質の夫婦だったら.等など.
 これらの人びとは,実際に,しかも本当に多数,存在しています.そして「家族は本来こうあるべきなんだ」という,「正しい家族」のイメージ自体と自分の実像との間で苦しんでいる人が多いのです.
 解決策は2つ.「正しい家族」に無理やり自分(たち)を合わせること.もうひとつは,自分の家族のありようを自分やそのパートナーとでとことん考えて,自分オリジナルの家族の絆をつくること.
 この本は,別になにかの破壊をめざしているわけでは,ないんです.「破壊」という言葉がふさわしいほど,日本の伝統的家族像は,その社会経済的な後ろ盾を失って,もう現実には強固なものではなく,いたるところで綻んでいることをデータから冷静に読み取った上で,ならば,新しい家族を作る主体になろう,そのための社会のありようを考えようという,とても前向きな本なのです.
 「正しい家族」のイメージが苦しい,という「実感」をもっている人は,多数います.この本は,そういう苦しみには,とてもほっとする本なんです.
 ぜひご一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示