サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 秋 さんのレビュー一覧

秋 さんのレビュー一覧

投稿者:秋 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ひみつの階段 1

2000/10/23 14:11

ひみつの階段

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 古い校舎と寄宿舎がある祥華女学院を舞台に、少女たちの宝石のような日々を描いたお話です。

 祥華女学院では、不思議なことがよく起こります。だれかが、さみしがっていたり、心を閉ざしていたり、とまどっていたりすると、ふっと魔法のような不思議な出来事が起こります。今はもうないはずの階段が現れたり、座敷童が出てきたり、時には時間だって越えてしまうこともあります。

 魔法使いの正体は、どうやら、祥華の古い校舎のようです。何年もの間、たくさんの少女たちを見守ってきた祥華女学院の校舎には、いつかしら魂が宿ってしまったのでしょうか。まるでいたずら好きの少女のようです。くすくす。

 16、7の少女の頃は、誰にでも訪れる魔法の時。少女たちの宝石のような時を見守ってきた校舎は、それをいちばんよく知っている「常若の国(ティル・ナ・ノーグ)」の案内人です。だから、おせっかいにも、そこらじゅうで魔法をかけまくって、楽しい笑いをふりまいたり、もう一歩が踏み出せない少女の背中をちょんと押してあげたりするのです。

 この作品は、どこかにありそうでなさそうな祥華女学院を舞台としています。主要となる登場人物は何人かいますが、毎回のエピソードは独立していて、さまざまな少女の揺れるキモチを描いています。作者の素敵な絵とお話がとてもよくマッチしていて、少女たちの日常とファンタジー世界の微妙なバランス上に、独特の世界を描き出しています。この作品は、本物の少女たちの現実とは違っていて明らかにファンタジーなのですが、異世界物のファンタジーのように私たちの現実とかけ離れたものでもありません。このような絶妙なバランスの取り方があるからこそ、この作品は、一つの世界を感じさせてくれるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示