サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ガヂェットさんのレビュー一覧

ガヂェットさんのレビュー一覧

投稿者:ガヂェット

1 件中 1 件~ 1 件を表示

2002/09/09 02:26

殺人のオムニバス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

突然失職してしまった主人公、バークが再就職を試みるがなかなかうまく行かない。これは自分と同じような境遇の元同業者がいるのがいけないんだと、ターゲットを6人に絞り、彼らを一人ひとり始末していく。そして最後に、自分のやりたい仕事に現在就いてる者を始末すれば、自分が就職できるって寸法だ。文章はバークの視点で書かれ、家族との関係の苦しみや一つひとつの殺人方法の反省などが多く描写されている。最初は虫一匹も殺せそうもないけど再就職には非常に熱心な家庭持ちの中年男性が、淡々と殺人を遂げていき徐々にその方法を過激にしていく。途中で敵は自分と同じ境遇の者たちじゃなくて雇用者は株主だと気づくこともあるけど、1人殺すのも7人殺すのも同じとばかりに、彼は「再就職」という目的のために殺人を犯していく。

一つひとつの殺人はたいそうなトリックがあるわけじゃないながらも、他人に見つかりかけたりターゲットに騒がれかけたりしてそれなりにスリリングなんだけど、一つひとつの殺人がほとんど関連しておらず、7つの殺人のオムニバスのようなところがイマイチ。もっと一つの犯罪が他の犯罪に影響していったら面白いんだけど、それはおまけ程度。かといって一つひとつの犯罪がとびきり面白いかというとそんなでもない。バークが思う家族との関係の苦しみや一つひとつの殺人方法の反省の変化などは読みどころではあるけど、一般市民の彼が殺人を行うにはターゲットを同じ人間ではなくモノとして扱う必要があり、その分淡々と語られてしまうので、こちらもつい淡々と1/7、2/7……と読んでしまう。面白いことは面白いんだけどあとには何も残らない、ハリウッド映画のような小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示