サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. よんこさんのレビュー一覧

よんこさんのレビュー一覧

投稿者:よんこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

夢に見し人

2004/10/04 03:15

これも一つの純愛。中世ヨーロッパが舞台の恋物語。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ハーレクインの本というと、読んだことの無い人はどんな印象を持っているだろう? 私は、タイトルと表紙の絵柄のせいか、愛憎ドロドロでエッチ度の高い本だとずっと思っていた。だが、韓国ドラマの「冬のソナタ」や、片山恭一氏の『世界の中心で愛を叫ぶ』、市川拓司氏の『いま、会いにゆきます』などの純愛と呼ばれるものを幾つか読み、自分は純愛やラブロマンスが好きなことに気が付いた。もっと純愛ものを読みたいと思い、インターネットで調べた結果、ハーレクインにたどり着いた。正直言って自分の抱いていたドロドロしたイメージとはかなり違っていて、純愛そのものだったので驚いた。
 また、ハーレクインと言ってもさわやかな恋愛ものから、サスペンスものまで様々なシリーズに分かれている。本書は、主に中世のヨーロッパを舞台とした「ハーレクイン・ヒストリカル」というシリーズに分類されている。

 聖アグネス祭前夜に、未来の夫が夢に現れるという伝説を試したジェーンは見知らぬ男性の夢を見る。それから数年後、ジェーンに縁談話が舞い込むが、相手のフィリップは受け入れがたい無礼な人。ジェーンは策略を練り、だます形で彼を追い払うが、その彼女の策略に気が付いたのが、公爵でありフィリップの兄でもあるアレックス。そしてアレックスこそが、聖アグネス祭前夜にジェーンの夢に現われた男性だった。けれど、彼はなんとしても弟とジェーンを結婚させようとする。

 流れるような文章は読みやすく、内容もとても面白かった。結婚したくないジェーンと、絶対に彼女と自分の弟を結婚させようとするアレックスの、かけひき攻防戦が楽しめた。どちらも一筋縄ではいかない頭の回転のよさの持ち主。傲慢なアレックスのやり方に、ジェーンが次はどんな策で打って出るのかと、ページをめくるのがとても楽しかった。

 どんなに山があっても谷があっても、最後はもちろんハッピー・エンド。そこがハーレクインの魅力だ。さすが、世界のベストセラーハーレクインだと言いたくなるほど大満足な一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示