サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジョウゼンさんのレビュー一覧

ジョウゼンさんのレビュー一覧

投稿者:ジョウゼン

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ローマ人の物語 9 賢帝の世紀

2000/10/14 07:08

麻薬のような歴史書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 毎年毎年待ちこがれるようになって早8年。今年もきちんと書き上げてくださった塩野さんに大感謝。それを出版しつづける出版社の精神にも拍手。

 内容はというと、現代人にも通ずる人間心理をもった過去の人物たちが、今回もいろいろやってくれちゃって、それを読みこなすので一杯一杯。もうおなか一杯、何本も小説を読んだ気にさせられ、しかもそれらが実在の人物、しかも歴史的に名前を刻んだ人たちの「行い(物語)」であるというのが感動。

 はっきりいってマンネリとも思えるところもありますが、「寅さん映画」と同じで、読者はこのマンネリこそ愛して止まない麻薬中毒のような状態です。

 3000円の書籍代ですが、繰り返し読めるということと、いつまで経っても読み終わらない(読み終わらせたくない)読者にとっては適正価格といっていいでしょうね。

 これが何年後かに文庫として出された暁には、いまの若年層にもお手軽に読んでもらえて、ひいては将来の日本の骨格をたくましいものに変革させ得る力を備えていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本光源

2000/09/17 23:52

光源

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやー 最高に面白かったです。
映画の現場という興味深い設定もよかったけど、登場人物それぞれの描き方、書き込み方が大成功。
桐野さんの書く実力を思い知らされました。
それまでは「ミロ」シリーズとか、ちょっと???評価だったんですけどね。私個人では。

とくにヘアヌードの女優「井上」がよかった。
助監督の駒沢をもっと描き込んでくれれば、私としては200パーセントだったんですけど、それはまた別の話。

ぜひご購読をお奨めします。
損しませんぜー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示