サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 凡 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

凡 さんのレビュー一覧

投稿者:凡 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

最強の駒落ち

2004/12/22 17:36

ただの定跡書じゃないぞ!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

将棋や囲碁の面白さは、ハンデをつければ上手(じょうず)な者も下手(へた)な者も〈いい勝負〉ができるところにある。ところが置碁に比べて駒落ち将棋が盛んでないのはどうしたことか。おそらく下手(したて)にとっては、駒を落とされる屈辱(そんなことを思うことはないのにね)に加え、平手定跡でもおぼつかないのに、まして駒落ち定跡をや、という思いがあるのではないだろうか。
そこで本書である。専門誌「将棋世界」に好評連載されていた時から読んでいたが、符号を列挙してこれにて下手よし、と打ち切る従来の定跡書とは一線を画し、上手をいたずらに恐れる下手の心理にまで踏み込んだ解説がなされているのだ。
上手が盤上にくり出すテクニックに、恐れずに立ち向かうことは、将棋の基幹となる〈原則〉につながっていく。この〈原則〉を知らず知らずのうちに身に着けていくことが上達につながる。筆者がこの本の中でくり返しているのは、そのことである。
ちなみに上手の心理についても詳述されている。そう本書は上手に勝ちたいという下手だけではなく、配偶者や子供など初心者に将棋の楽しさを伝えようとする上手にとっても実に有益な本なのである。
先崎先生。
めんどくさがらずに、飛車落ち、角落ち編もぜひ書いて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示