サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. BECHAさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

BECHAさんのレビュー一覧

投稿者:BECHA

2 件中 1 件~ 2 件を表示

前評判以上の出来あがり!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

期待は、思わぬ裏切られ方でした。1作目、2作目と大体半分くらいまでは、なかなか読み進むのに骨が折れたので、今回は長期戦を覚悟していたのですが、もう最初からぐいぐい話に引きずり込まれて、あっという間に読了。作者も訳者も油が乗って絶好調という感じ。長編の分だけドキドキわくわくゲラゲラはらはらキャ〜と、いろんなエピソードてんこ盛です。同世代のお子たちは、共感する部分もいっぱい見つかるのでは。挑戦する価値絶対有りです。がんばれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本椿山課長の七日間

2002/11/24 14:22

くすくす笑って、最後はやっぱり泣かされてしまいました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エピソードの一つ一つが妙に(?)リアルで可笑しいんです。
読みながらくすくす笑ってしまう位。誰のそばにもいそうな、あんな人こんな人に絡む
いそうも無い人・あっけに取られる設定。
章が変わった毎の作者お得意の時間の移動と主人公が別の人物になるという流れも
今回は余り気にはなりませんでした。
むしろ、「四十九日は屋根の上」が実はこういうことかもと納得してしまいそうな
それぞれの姿に一緒になってハラハラドキドキ。
そして迎える最終章。
やだ、やっぱり涙ぼろぼろ。
読み終わって、職場の周りの中年男性諸氏に『読んでみ』と
薦めてみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示