サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hyouさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hyouさんのレビュー一覧

投稿者:hyou

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本姫君

2001/07/13 20:01

幸せな山田詠美は一体どこへ行くのだろう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 昨日は、本屋さんに行った。そうしたら、山田詠美の新刊「姫君」が出ていた。買おうかどうしようか迷ってやっぱり買ってしまった。で、家に帰ってひとしきり読んだ。
 山田詠美の短編集はあまり好きじゃない。長編に比べて陳腐な感じがするから。簡単に大切なことを言おうとしている感じがすきじゃない。どちらかというと、彼女は不器用なたちなんだから、たくさん言葉と情景をつなげないと本当に伝えたいことの真意を伝えられないのに。でも買ってしまって読みました。ふぅ。私の中では、「アニマルロジック」で山田詠美は何かを確実につかんだと思ったんだけど、そのつかんだ後の空虚感が出ている短編集だった。
 だから、4Uよりはずっとましな短編集に仕上がっていたとおもう。(あくまで個人的実感)山田詠美は幸せなんだと思う。その中にいる空虚感と失うことの恐ろしさが、十分ではないけれど、表現できていたかな。何かをつかんだ空虚さと、幸せな中にいる自身の二重の空虚感とで、きっと今の山田詠美にしかかけない個人的な小説になっていたんじゃないかしら。これから山田詠美はどこに行くんだろう。生と死を考えつづけていくんだろうな。面白くもあり、もうあれ以上のものが読めないかもと思って不安にもなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示