サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. SF大好き!さんのレビュー一覧

SF大好き!さんのレビュー一覧

投稿者:SF大好き!

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本夏への扉

2001/03/08 15:42

ハインラインの描く「2001年人生への旅」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 これはもう、誰がなんと言ってもSFの純文学でしょう。

 「タイムスリープ(冷凍睡眠)」と「タイムマシン」。SFに不可欠な2つの魅力的な要素。それに加えて主人公ダニイの技術屋としてのテクニカルな表現、善玉と悪人、そして愛すべき猫のピート。ハインラインは絶対「猫好き」だと思う。

 舞台は1970年と2001年(そう!私達が今住んでいるこの時代だ)を行き交い、もちろん「タイムパラドックス」もありありである。友人と恋人に裏切られ、大切なものを奪われたダニイは自ら選んだ「冷凍睡眠」で、30年だけ未来に行く。そこで見た彼の未来社会は?きっと読んでいる側もダニイと同じくらい戸惑い、真実を知りたいと思うに違いない。

 ハインラインが想像した2001年とは、こういうものか?と、ちょうどその年に生きているのでやけに親近感が沸く。
 是非、今年中に読んで頂きたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示