サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. なっちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

なっちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:なっちゃん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本水滸伝 14 爪牙の章

2004/09/24 15:29

北方氏の歴史小説はハードボイルド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は、大の北方ファンです。初版本の「逃れの街…たぶん初版本」から現在に至まで、出版された本は全て読んでいます。(但し対談本は除き)
家の本棚には、初版からの本がずら〜と並んでいます。
ところが、「武王の門」が発売された時に正直「ショック」を受けました。
ハードボイルド路線から、歴史小説家になってしまった…何故? もう血が騒ぐような、肌がピリピリするような、「ハードボイルド」は書かないのか!?っと…
でも、とりあえず「武王の門」を上下購入し読みはじめた私…
始めは、「物足りなくて」途中で読むのをやめました。
でも、このところ特に「三国志」から「水滸伝」にかけてやっぱり北方氏のハードボイルドの描写に肌がピリピリする感覚が蘇ってきました。
彼は、時代小説をも現代の社会で生きづく「刹那」や「情愛」「怒り」「矛盾」をハードボイルドで仕上げている。
水滸伝も佳境に差し掛かり、登場人物の個性が色濃くなってきました。
今度の展開を、北方氏ならではの「描写」で読者の肌をピリピリさせるような仕上りになる事と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示