サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ビーンズさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ビーンズさんのレビュー一覧

投稿者:ビーンズ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

クレイジーインアラバマ

2000/08/27 12:10

爽快なアメリカの夏

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 夫を殺し、その生首をタッパーにつめ女優になるため一路ハリウッドをめざす美人のおばさんルシール。ルシールの残した子供たちが家にやってきたせいで、祖母の家から別の親戚の家に預けられることになった兄と“僕”。おりしも街では黒人と白人の抗争が激化し、いつのまにか“僕”たちはそれにまきこまれていくことになる。一方、勇躍ハリウッドをめざすルシールであるが同伴者(夫の生首!)はだまっちゃいない。おばさんと“僕”の目線でオムニバス形式に語られていくちょっとクレイジーで素敵な夏の物語。

 手に取るとわかることであるが、ずっしりと重い。紙のせいだろうか。多くの出版社が書籍を軽くしようと工夫するなか何故ここまで重い本にしたのだろう、しかもソフトカバーで。人種差別。夫殺し。家庭崩壊。本の厚みと重みに負けないくらいのテーマをもちつつもストーリーはいたって軽快。だれしも“僕”を、ルシールを応援せずにはいられなくなってしまうだろう。その時点で読者もまたクレージーな夏を共有してしまうのだ。カラッと乾いた爽快さと哀しさを含んだ可笑しさが心地よい、アメリカの夏。

 『スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季』(スティーヴン・キング著、新潮文庫)、『カウガール・ブルース』(トム・ロビンズ著、集英社)を楽しく読んだ方に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示