サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まさきっちさんのレビュー一覧

まさきっちさんのレビュー一覧

投稿者:まさきっち

1 件中 1 件~ 1 件を表示

13階段

2001/11/27 16:36

テーマや緊迫感は買うんだけど…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 第47回江戸川乱歩賞受賞作だから少し期待して読み始めた。所々描写や会話の拙さは目立つものの、まあ新人だからと、それくらいは捨象して読み進んだ。デッドリミットミステリということで、徐々に迫る期限終了日時はなかなかの緊張感だった。

あらすじ:喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官の二人に持ちかけられた仕事は、1000万円の報酬。記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすこと。タイムリミットは3ヶ月。どれだけ冤罪に近づけるか。当時の殺人現場に赴く二人。当時の関係者に質問していくうちに明らかになっていく事実。並行して描かれる死刑執行手続き場面。
 事件真相追求と共に、明るみになる仮釈放中の青年の10年前。
 布石というより露骨なまでの当時の事件との関連性の暗示。

 はっきり言おう。この小説は破綻している。

 すでに10万部を越えているという。この本をすすめる人たちは、事件の真相場面での破綻を無視している。私には理解できない。

多少ネタバレ:この殺人事件が今まで未解決というのが、そもそもありえない設定なのだ。10年も経って二人が捜索して、なぜいろいろ新しい証拠が見つかるのだ。まあ仮にそういうことがあったとしよう。だが、最後の最後で明らかになった証拠は、あまりにもナンセンスだ。これが10年後に見つかるくらいなら、当時絶対に見つかっているのだ。こんなものを警察が見逃す訳がない。

 私としては、同時期に発売された夏樹静子著「量刑」のほうがよほど良く書けていると思う。裁判官を主人公にしている点でも新鮮だし、“死刑制度”に言及している点でも似ている。私は断然こちらをおすすめする。また、刑務官を主人公にする作品としては、丸山健二のデビュー作にして芥川賞作品である「夏の流れ」講談社文庫1973年を大大大おすすめする。映画では「グリーンマイル」が刑務官を主人公にしているかな。これは別にすすめないよ。(2001/11/23)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示