サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 上原子 正利さんのレビュー一覧

上原子 正利さんのレビュー一覧

投稿者:上原子 正利

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本匂いをかがれるかぐや姫

2007/03/22 23:12

人間以外の「知性」がもたらす特殊な笑い

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コンピュータープログラムが人間の言葉から見つけたという思いがけない解釈に、「Time flies like an arrow」(光陰矢の如し)に対する「時蝿は矢を好む」というものがある。確かにこの解釈は可能だが(time fliesを蝿の一種と捉えて主語とする)、人間はこんな風に考えない。普通、コンピュータープログラムのこのような解釈は誤りとして否定的に捉えられるだろう。
それに対して本書は、このような解釈を人間ではなかなかできない意味の変換として利用している。この立場を取ると、言語処理プログラムは普通の文を予想外の文に変換する機械となる。かな漢字変換プログラムを用いたこの種の遊びはコンピューター系のエッセイでかなり昔に扱われていた記憶があるが、本書は題材と手法の選択から視覚的デザインまで一貫して変換の面白さを強調するように行なうことでこの見方を徹底させている。巻末の作者紹介によると、文章担当の原倫太郎は「変換」をキーワードとした作品を制作している美術家で、本書もその一環だろうか。
本書では、一寸法師、かぐや姫、桃太郎の3つの昔話を複数の翻訳ソフトで日本語から英語に変換し、その英文をさらに翻訳ソフトで日本語に変換し、その結果を編集して作られた「新しい昔話」が示されている。「新しい昔話」とは矛盾した表現のようだが、得られた日本語は実際にそんな感じだ。1回の翻訳で既に元の意味が壊れているのに、それをさらに翻訳することで怪しさが二重になり、誰でも知ってる話が謎の表現のかたまりになる。例えば、内容的には妥当だが表現を間違えて、「鬼が島へ鬼退治に」が「怪物アイランドに怪物ハントであります」に。単語の多義性を扱い損ねて、「中納言」が「vice-minister...」を経由して「悪徳大臣」に。こういう表現が延々と続き、人によっては笑いを抑えられない可能性があるので注意が必要だ。私の場合は笑いっぱなしだった。
本書を読む際には、入口と出口の日本語だけでなく、中間の英語も追いかけることを勧めたい。中間の英語を見ると、翻訳ソフトが間違えた理由を理解できることが多く、その思いがけない解釈に感心させられることが多い。立て続けに示される予想外の解釈を見ていると、翻訳プログラムが人間とは別の「知性」を持っているようで、普段は気にもしない人間の思考の枠を意識させられる……と言うと大袈裟か。特殊な感覚の笑いを誘う作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教科書というか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 立花さんにあまり興味が無いんで知らなかったんですが、立花さんの科学に関する発言が怪しいという事は、世間の一部ではずっとささやかれていたようで。そういう一部の声が、あちこちの本屋で平積みになるくらいのメジャーな本として表に出てきたのって、初めてじゃないですかね。立花さんの「教養のない東大生」発言を受けて東大生が反撃に出たって本なんですが、かなり痛烈な反撃です。

 構成は以下の通り。1章から5章で過去の立花発言を分野ごとにチェックしていきます。1章はインターネット、2章は人工知能、3章は宇宙開発、4章は環境ホルモンと遺伝子組換え食品、5章がその他。立花さんの引用と、それに対する著者の検討という形で話が進みます。ここまででも、立花さんの妙な発言の多さに驚くんですが、まえがきに「科学に対する無知や無理解をただ指摘するだけでは、立花氏は勉強不足だ、努力が足りないという表面的な批判に終始してしまいます」とあるように、メインは6章以降、個別の誤りから一般的な傾向を引き出す過程です。立花さんが「本質的に科学的な態度を持ち合わせていない」(p.253)という事を、冷笑的な態度や過剰な人格攻撃を避けて、筋道の見えやすい冷静な議論で示していきます。

 いろいろと意義のある本だと思うんですが、まずは当然ながら誤った記述を批判する事で、誤った知識が広がるの防ぐ効果があります。それから、世間的に知的だとされ名声のある人だからといって、その発言を無批判に受け入れてはいけないという教訓にもなるでしょう。相手がメディアでよく見る有名人だけに、教訓も生々しいかと。

 という意義とは別に、僕がこの本で好きなのは、解りやすくて丁寧な議論です。著者は知識量で押す事を良しとしないようで (この特徴は、人工知能のマインドピクセルプロジェクトに対する「この発想の根本的な欠陥は、知識の量で知性の質が決定されるという考え方にある」(p.61)という指摘にも表われてます。マインドピクセルじゃなくて立花さんに対する批判のような)、理由を丁寧に示しながら議論を進めます。これだと、どんなバックグラウンドの読者でも途中で放り出されないでしょう。個別の点について著者と一致しない所があっても、話がすっきりしてるから「何で納得できないだろう」とか悩まなくてすみます。あと、笑えるのっていうのも。主旨的に『トンデモ本の世界』に近いです(洋泉社だし)。あっちと比べてずいぶん真顔ですが。

 それから、この本には批判とは別の意義もあるように思います。ここで指摘されてる事柄は、論理の飛躍、いつの間にか消えている仮定、データ解釈の間違い、論理を混乱させるだけの新概念の導入、都合のいい結論を導くための意図的なデータ選択、相関関係と因果関係の取り違いなど、一般的なミスばかりです。あるいは、「異説を差別することなく紹介することが「科学的」であると立花氏は思っているらしい」(p.238)、「他人の「盛名」で自分の発言を権威づけようとする」(p.246)、「「人格肯定」によってその説を肯定するという手法」(p.249)という指摘も、立花さんに限らずよく見られるものです。そういう事を実際の文章を例にして紹介するこの本は、文章の読みやすさと相まって、科学に限らず議論を展開する時にどういうミスに注意しなければいけないか、人の話を聞く時にどういうミスに注意しなければいけないかを有名人を例に取り、具体的に指摘しながらレクチャーする「議論の教科書」になってるとも思います。立花さんにあまり興味の無い僕には、この面が目に付きました。

 内容と関係無いですが、この本を読んで一番参ったのは、こういう本を書いてるのが1976年生まれの大学を卒業したばっかりの人だって事なんですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゲノムが語る23の物語

2001/01/28 23:41

本書の参考文献から、邦訳のある一般科学書を抜粋

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

<本書の参考文献から、邦訳のある一般科学書を抜粋>
『遺伝子 = 生|老|病|死の設計図』
『遺伝子の川』
『精神と物質 意識と科学的世界像をめぐる考察』
『分子生物学の夜明け 生命の秘密に挑んだ人たち』
『徳の起源 他人をおもいやる遺伝子』
『雑種植物の研究』
『ヒト遺伝子の聖杯 ゲノム計画の政治学と社会学』
『人間の測りまちがい 差別の科学史』
『モラル・アニマル』
『赤の女王 性とヒトの進化』
『言語を生みだす本能』
『ヒトはいかにして人となったか 言語と脳の共進化』
『マーガレット・ミードとサモア』
『脳と心の地形図 思考・感情・意識の深淵に向かって』
『ブラインド・ウォッチメイカー 自然淘汰は偶然か?』
『ヒトはなぜのぞきたがるのか 行動生物学者が見た人間世界』
『水辺で起きた大進化』
『銃・病原菌・鉄 一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』
『老化はなぜ起こるか』
『裏切り者の細胞 がんの正体』
『ジーンウォーズ ゲノム計画をめぐる熱い闘い』
『遺伝子治療の誕生』
『複製されるヒト』
『未解決のサイエンス 宇宙の秘密、生命の起源、人類の未来を探る』
『死の病原体プリオン』
『子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何か』
『DNA伝説 文化のイコンとしての遺伝子』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これから研究をする若者のために

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『これから論文を書く若者のために』の著者による本書は、書名からはわからないだろうが、『これから…』と同じく主に学生に向けて書かれた、研究方法の参考書とでも言うべきものだ。とは言っても、一般的な研究の方法を議論しているわけではない。著者は、駆け出しの頃の自分の研究の様子を語り、経験を積んだ現在の目でその様子を検討することで、研究とはどのように進むかを伝えようとするのだ。主旨としては『これから…』と対をなすものであり、書名を「これから研究をする若者のために」としても良いくらいだ。


授業と研究は違う、とよく言われる。大学院に進学する者の多くにとって、学部の終わり頃からしばらくは、それまでの学生生活とは全く異なる世界に入り込んで戸惑う事が多い時期だと思う。授業と研究の違いには実際に接してみて慣れるしかないのだが、著者も言うように「どうせならば、誰かの体験談をもっと早い機会に知っておいた方がいいように思う」(p.250)。本書には、試行錯誤や周囲との議論などの、実際の研究の成立には不可欠だが論文には現われない途中の過程が詳しく記されている。ここに記されているのは著者の経験だけであり、分野や研究室によっては、本書で述べられるようなスタイルを取らないかもしれない。しかし、一般的に重要な事柄は押さえられていると思う。特に重要なのは、研究への姿勢だろう。「研究を志す人に何か一つだけ求めるならば、自分の頭で考える姿勢だと思う」(p.71)。全く同感だ。


具体的な説明には、著者の修士時代の研究と博士号取得後の研究が用いられる。修士時代の研究「カエデ科稚樹における、分枝伸長様式の適応進化」では、複数のカエデ科稚樹について、枝葉の伸び方とそれが世代更新するのに適する環境の関係を調べている。一方の「草の形の多様性の進化に関する理論的解析」は、イチリンソウ属の3種を観察する事から出発し、草の形の多様性がなぜ進化したかを探るために数理モデルを作るというものだ。どちらも植物の形と環境への適応との関係についての研究であり、『植物のかたち』という書名はここから来ている。


本書は十分におもしろいのだが、専門的な議論の多さを考えると、『これから…』ほど広い範囲にアピールするものではないように思う。編集の問題だろうが、専門用語に読みがなを付けるだけでずいぶん読みやすくなるはずだ。そのような点を考えると、まずは『これから…』を読んで、気に入ったらこちらも読むという順序を取ると、本書の意義が理解しやすくなり、すんなり読めるだろう。両者を比べると、本書での著者は『これから…』よりも素で好きに書いているように感じる。なにせ、所々で笑いを取りに来るくらいだ。最初のページからいきなり笑わされるという予想外の事態に面喰らった。トンデモ本でもない、ちゃんとした科学者の書いたちゃんとした文章で笑わされる経験はそうそう無いだろう。科学書にそういう性質を求める人がいるのかどうかよくわからないが、非常に印象的だったので付記しておきたい。


(上原子 正利 / bk1科学書レビュアー)



【目次】
はじめに
第一章 稚樹の形の研究をやろう
第二章 仮説を描くまでの日々
第三章 カエデ科稚樹における、分枝伸長様式の適応進化
第四章 論文を書く
第五章 数理モデルへの道
第六章 草の形の多様性の進化に関する理論的解析
おわりに
読書案内
引用文献
索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

その現場経験で理解の欠如を埋め合わせることはできない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はアメリカ人の大学院生(現在は教授)の博士論文を基にした、日本社会とヒップホップの関係についての研究書である。博士論文は1999年、原書は2006年に発表された。中心となる滞在調査の時期は90年代中盤で、00年代の状況も調査されている。著者の関心は文化的グローバリゼーションと「現場」にある。著者は日本におけるヒップホップを、人々が自発的に行う下からのグローバリゼーションの好例と捉えている。現場(クラブや録音スタジオのような、文化的生産の重要な場所)は下からのグローバリゼーションを実現するための「通り路」であり、著者が強調する研究上の重要概念でもある。著者は数多くのライブ、レコーディング、アーティストとレコード会社の交渉を観察したという。

 そのような調査にもかかわらず、本書は問題の多いものになっている。容易に気付く難点は誤訳だが、それ以外の問題も多い。まず、論理に問題があり、根拠の示されない主張、一貫しない主張、意味の無いことやどうでもいいことをややこしく書いた文章で溢れかえっている。構成も様々なレベルで混乱し、読者との問題意識の共有手続きが欠落して唐突に話が変わる部分も多い。現実を無視した主張も目立ち、データを集めずあいまいな印象に基づいて全体の傾向を述べ、自分の主張に都合の良い特殊例を全体の代表のように扱う。必要な参考文献を欠いたまま怪しい主張をする一方で、同業者にアピールするため自分の業界の文献は不要でも参照する。このようなそれぞれ1つだけでも本の評価を下げる問題が、本書には高い密度で詰め込まれている。文化についてもヒップホップについても、本書から学べば歪んだ理解に到達するだけだ。

 しかし、本書にはさらに重要な問題が存在する。それは、日本に対する理解の欠如を示す、奇妙な視点が全体に現れていることだ。この問題が本書を興味深いものにしている。仮に、この本が一般のライターによって書かれたものなら、この点は気にかけなくても良いだろう。日本との文化的な違いを考えると、日本に対していびつな理解を持つ米英人(イギリスの研究者も含む)が存在することは自然だからだ。しかし、学術書、しかも先人の審査を受ける博士論文に基づく本がこの状態ということは、米英における日本文化研究業界でこの視点が標準的なものとして共有されていることを示している。それはすなわち、日本の文化について、米英で実情を理解している人がいないことを意味する。本書を読む意味があるとすれば、この状況を知ることだろう。

 奇妙な視点の1つは、日本の主流文化を理解できていないにもかかわらず敵視し、見下すというものだ。著者は、日本の主流のポップスと、それに過度に敵対しなかった日本のヒップホップを事実上の敵として設定し、その存在を小さく見せようとする。そのようなグループを自分の主張に利用するため、その発言を要約する際に意味を歪めることまでする。それに対して、主流に敵対するラッパーについては、その主張が平凡でも現実の重要性以上に大きく見せ、そのような人々が売れないのはレコード会社のせいだと暗示する。著者の持ち上げる人々のやっていることがヒップホップ分野の外で先行して行なわれていても、それは重視せず、ヒップホップの功績のように扱う。

 もう1つの奇妙な視点は、侍のような、外国には無いが現代日本でも辺縁にしかない概念に対する執着だ。著者は日本で支持される通常のヒップホップ作品を軽視する一方、侍のような古い日本の概念に依存したマイナー作品を重視する。ヒップホップと関係のない侍の話をした後で、「もし今日のサムライが本当にヒップホッパーなのであれば」という冗談のような問題意識を真面目に持ち出す。侍以外でも、顔を黒く焼いて黒人の真似をする日本人の若者の話が繰り返し現われ、『笑っていいとも!』が「a popular music information TV show」(訳書では削除)とされ、なぜかアニメの話が多い事からも、著者の属する業界が現代の日本文化についていびつな知識体系を持っていると考えられる。

 著者の他に、引用される他の作家や研究者の文献にも同様の問題が数多く見られる。奇妙な記述の例に次のものがある。70年代終盤と80年代のおニャン子クラブは日本の女性ポップスの初期の例で、『オールナイトフジ』に出演し、ビキニかそれより少ない衣裳で座っていて、名前の代わりに番号を持ち、“セーラー服を脱がさないで”はレイプの楽しさを暗示する歌だという(Stanlaw 2000)。間違いだらけだが、英語で書かれているので、日本人にはほとんど知られることがない。この業界は、日本文化の情報を体系的に蓄積してこなかった上に、文化の違いに関する理論的な枠組みも持っていないようだ。その結果、現実と一致しない認識がはびこり、侍のような古い概念や、顔を黒くした若者のような分かりやすく奇抜なものに飛び付かざるを得ない。

 本書の象徴的な問題が、現場の行きすぎた強調である。著者は現場視点を自分の研究の新規性として打ち出そうとし、序章や原書の裏表紙で多くの現場を見てきたことを強調している。しかし、著者は現場をあいまいに定義し、何でも現場の話に持っていこうとするため、主張が意味不明になる。そして、現場を強調しながらも、現場経験を通じて自らの視点を変えることがない。現場を過度に強調するのは、著者とその業界が、日本に対する理解と文化に関する理論を持っていないことを埋め合わせるためだろう。実際に体験してきたと言えば、ほとんどの人間を黙らせることができるからだ。しかし、その現場経験で理解の欠如を埋め合わせることはできない。普遍性を目指す努力を欠いたまま現場経験を振りかざす限り、現場の外で通用するものは生み出せないだろう。

 本書の問題を考える際には、ピンカー『人間の本性を考える』、アンダーソン『ヤシガラ椀の外へ』、ソーカルとブリクモン『「知」の欺瞞』が参考になる。これらは学問業界の問題を扱っている。アメリカのまともな日本研究には、コールマン『検証・なぜ日本の科学者は報われないのか』がある。音楽の面では、田中『電子音楽 in JAPAN』、後藤『Jラップ以前』が参考になる。この2冊を読めば、日本の音楽について本書とは異なる印象を持つだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示