サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 兜町の隣人さんのレビュー一覧

兜町の隣人さんのレビュー一覧

投稿者:兜町の隣人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

証券検査官

2001/01/09 00:43

次回作に期待

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 残念ながら、お薦めいたしかねる本である。証券・金融業界の裏を描いたノンフィクションなら、高杉良氏の一連の著作を薦める。氏の著作のおもしろさには、遠く及ばない。
 まず小説の書き方が稚拙で、とにかく読みづらい。妙に凝った時間軸の置き方も、小説の流れを分断するだけでしかない。また、通行人Aのような人物に背景説明は不要だろうし、メインの登場人物の描写も、下手な役者の大袈裟な演技を見せつけられているようでまるでリアリティがない。小道具の配置も陳腐で、安手の流行雑誌から引用してきたような落ち着かない印象を残す。
 筆者が得意とするはずの証券業界の官民の裏世界の描写も、説明すべきところと不要なところの基準がどうもおかしい。これでは、主人公ですら「外為は専門外だから」と言っているのに、その彼以上の知識が読者になければついていけないだろう。難しい局面にいくほど一方的な進行に陥るあたりは、「策士策におぼれる」といったところか?
 証券・金融業界というネタがタイムリーなだけに、惜しい気がする。とはいうものの、以前外交官出身の人が書いた処女小説(台題名は失念)に本作と全く同様の傾向があったことを思えば、小説家としては素人の人には過重な期待なのだろうか…。
 だが、本書で出色だったのが過激な性描写だけというのは、何とももったいない話ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示