サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 中川一郎@サイバー梁山泊さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

中川一郎@サイバー梁山泊さんのレビュー一覧

投稿者:中川一郎@サイバー梁山泊

2 件中 1 件~ 2 件を表示

じゃがたら

2000/10/08 11:54

何と誠実なアプローチであろう。また、じゃがたらを聴こうと思った。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ぼくは、絶対零度というバンドに参加していた。
じゃがたらとの接点は、そして、じゃがたらを実際に見たのは、
ただの一度だけであった。奇しくも、大熊亘がインタビューを
受けていて、その接点についても述べている。江戸アケミさんに
組み付いたのは、笹山てるおであった。

その時の印象が強くて、その後、じゃがたらは遠ざけていたの
だけれども、その結果、ぼくがはじめて聴いた音源は、
「西暦2000年分の反省」であった。


陣野さんは、とても誠実に、じゃがたらに向き合った。
バンド。バンドの中の人間関係というものは、これは、
筆舌に尽くしがたいものがあるのだろうが、それを明確に
かつ誠実に真摯に迫ろうとしている。そして少なくとも、
ぼくには、その接点を思い出させ、そして、その接点だけ
でじゃがたらを考えるのはあまりにも偏狭であり、今、
できることといえば、それは、じゃがたらの音に触れる
ことなのだから、音源から精一杯のグルーブを感じ、自分の
身体が反応するのを素直にさせることなのだから。という
アクションを起こしめる。

書くという行為は、誠意を持って真摯に書ける、取材できる。
そういう対象について書くべきなのだということを、陣野
氏のこの著書で改めて認識しなおした。

http://w3.to/crzpk

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネットで何かをしかける人には必須の20の洞察

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本のマーケティングの大御所がついに動いた。
そんな読後感をいだいた一冊であった。
ネットユーザの使用前、使用直後、なじんでから・・
という時系列の変化、大都市のユーザと地方都市のユーザ
の使い方の違い。しっかりとした統計から得られる20の
洞察は、ネットで何らかのビジネスに関わる人たちにとって
必須の一冊ということとなると思う。ぼくもこの本には、
何度か立ち返ることだろう。

一点、惜しかったなと思うところがあって、それは、
個人ホームページに関する洞察という点である。
誰も彼もがいきなりのっけから、ネットワーキングに
耐えうる内容のホームページを作れるわけでもなく、
最初は、独り言とか物思いということから始まるのだが。
時間の経過とともに、独り言から対話も始まり、それが
何らかのネットワークにつながるだろう。そういう点を
ポジティブに評価するならば、アウトプットを到達点
ととらえれば、「あてなき投稿」と見えるだろうが、
「習作」をも掲示できることにポテンシャルの大きさ
がある。

また、BBS、メルマガ、メーリングリストという道具立て
と個人ホームページは複合的に個人ユーザによって
使われているという点に、もう少し言及があっても良かった
のではないかと思う。

Mary Modahlの「Technographics」という視点と、
生活・・の視点の交わり方。最近、ぼくはこのふたつにふれた
のだけれど、その接点に想いを致したい。

中川一郎@サイバー梁山泊

サイバー梁山泊
メール

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示