サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かれんさんのレビュー一覧

かれんさんのレビュー一覧

投稿者:かれん

630 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本十二支のはじまり

2001/03/22 15:40

十二支のおはなしは、この絵本がおススメ!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「正月の朝,御殿に来るように。来た者から12番まで,順番に1年ずつその年の大将にする。」…十二支の絵本は沢山ありますが,その中でも,私はこの絵本が一番気に入っています。御殿までのかけっこ(^^; だけを描いた絵本とは違い,どうして,犬とサルの間にニワトリが入ったか,そしてイノシシが最後のわけ…などを遠目の効く大きな絵で描き,幼児でも簡単に十二支を全部覚えてしまいます。昔から語り継がれていた日本の民話は,いつの時代でも,読んでほっとする安心感があります。お正月にどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チロヌップのきつね

2001/03/15 12:28

いつまでも忘れないでほしい…親子の愛情、動物保護を描いた素晴らしい絵本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 戦争が激しくなった年、チロヌップという北の小さな島で2匹の子狐が生まれました。夏の間だけ、島に渡ってくるじいさん、ばあさんの様に、狐や生き物を大切にする人ばかりならいいのに、この島では、密猟者が後をたちません。島中にある 密猟者が仕掛けたいくつものワナ、自然の多い島なのに、狐にとっては、危険がいっぱいです。

 夏の間、じいさんとばあさんの子どもみたいに育ったちびこも、冬が近づくと親元に帰りました。そして、密猟者のワナにかかってしまいます。…人間が近づいてきます。何の罪もない、子狐をどうして殺さないといけない…同じ人間の仕業でありながら、悲しくなります。ちびこを守る為、自ら飛び出し鉄砲で撃たれたとうさんぎつね。その傍で母さんぎつねは、必死の思いでちびこを隠します。ワナで身動きが出来ないちびこの為に、雪の降る寒い冬は、母さんギツネが毛布となり、ちびこの身体を温めます。読んでいて、とても胸が苦しいです。

 この絵本は、小学生の頃に一度読んだことがあります。タイトルは、忘れていましたが、ずっと心に残っていたストーリーです。親子の愛情は勿論、動物愛護の面でも考えることの多い絵本です。こういう素晴らしい絵本が、子どもたちへ、そして、その子どもたちへと受け継がれる事を願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サンタは本当にいるよ(^^)

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子どもがサンタクロースの存在に疑問を抱き始めたら、是非この本を。

 皆サンタなんか いないっていってるよー。
どうして夜中にくるの?おかあさんやおとうさんにはこないの?
どうして死なないの?

 子どもたちが疑問に思ってくれる事にずばり答えてあります。
おろおろせず、真剣な顔で答えているお父さんは、とても素敵です。
… サンタクロースは 本当にいるよ。世界中いつまでもね。

 サンタを信じる子供の夢は壊したらいけないなと思います。大切にしたいです。
サンタは信じている人の心の中に ちゃんと存在するんですね。
この本を読むと、本当にサンタはいるような気持ちになります。
…サンタクロースはね 子どもを喜ばせるのが なによりのたのしみなのさ。

 子どもたちのサンタの夢がいつまでも続きますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぶたのたね

2001/01/10 09:13

実ったらさっさと食べないとね(^^;

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ぶたよりも走るのが遅いおおかみがいました。
ぶたを食べようと思っても いつも逃げられてばかり。
それどころか ぶたにまで馬鹿にされてしまいます。
これまで野菜と木の実しか食べたことがない とろいおおかみです。
そこで きつね博士に相談し、ぶたの実がなる「ぶたのたね」、
そして、早く木に成長する薬をもらい、早速、きつねはタネを植えます。
そしたら、なるなる ぶたの実…。

 絵本館の出している本の紹介ページに この場面が載っていました。
ぶたたちが何食わぬ顔で木に実っている(?)姿を見て、
この絵本は絶対読みたい!と思いました。
それだけ、インパクトのあるページです。笑えます。
でも、実際、公園の木にぶたが実っていたら怖いぞーー(笑) 

 ぶたが実ったらさっさと食べないと何が起こるかわかりません。
おおかみさん。感動している場合ではありませんよー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本絵で見る 日本の歴史

2000/10/11 09:50

これはすごい!日本史の全体が分かります。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 石器時代から現代まで 1枚の絵巻のように描かれています。
貝や木の実、魚などを食べていた人たちが、沼で稲作をはじめ、その後、水路を掘り、
だんだん現代の稲作に近づいてきます。
収穫も増え、食料に困らなくなると、人々は権力を巡って争い事を始めます。

 鎖国が終わり、ヨーロッパ文明がはいると、わらぶき屋根や西洋館など
日本の文明も少しずつ変化していきます。
また、昭和初期の時代では 空襲で逃げまとう人々を描かれ、
見ていて胸が張り裂けそうです。
文字ばかりの教科書では、到底 学ぶことのないものばかりです。

 過去があるからこそ、今の私たちがいます。
沢山の歴史の積み重ねにより、今日の社会は成り立っています。

 最後の解説から、この本を作るにあたって大変な苦労があったことが伺えます。
日本史の全体を知るには、とても勉強になる絵本です。
絵本の域を越え、これは参考書ですね。
歴史の勉強を始める前に 是非この本をどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

涙、涙!子どもたちにもおばあちゃんにも読んで欲しい絵本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 核家族化が進んで,祖父母と同居している家庭も少なくなってきました。家に帰った時,おばあちゃんがいるだけで,ほっとし,そして,お母さんに怒られた時は,おばあちゃんの傍にいるだけで,涙が乾いてしまう。何も言わなくても,「ぼく」の心を分かってくれる大好きなおばあちゃん。
 
 「あそんでもらえなくっても 薬ばかりのんで ねてばかりでもいいんだ。生きていてよ。おばあちゃん。」…おばあちゃんは,悪い病気にかかり,乳房を一つ取ったのに,それでも,助かりませんでした。ベッドに横たわり,人工呼吸の機械に囲まれて眠っているおばあちゃんをそっと見つめる「ぼく」。ぼくの横顔を見ていると,一緒に涙がこみ上げてきます。

 虐待,青少年の犯罪と悲しいニュースが連日のように流れています。でも,世の中には,「ぼく」のような綺麗な心を持った子供たちも沢山います。おばあちゃんの優しさが,ちゃんと孫に伝わり,また,「ぼく」から子に孫に…と伝わっていくのかもしれませんね。子供たちだけではなく,おばあちゃんにも読んで欲しい「ぼく」の心が沢山詰まった絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

よくがんばったね>ぼく

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ぼくたち1年生の50メートル走の順番はもうすぐ。でも、順番が近づくにつれ、緊張してトイレに行きたくなってしまいました。急いでトイレに行こうとした時、転んで怪我をした小さな迷子に出会います。時間がないのだから、無視することも出来たのに…ぼくは、見捨てることが出来ず、泣いているその子をおぶって、お母さんを捜します。50メートル走はもう始っています。

 何をやっても自分はだめだと思っていた。学校なんてつまらない。結果だけがすべてではないと思います。かけっこが遅くたって、タンバリンの音が外れたって…一生懸命する気持ちが大切です。「ぼく」が、迷子のお母さんを捜しているうちに、50メートル走の順番が終わってしまっていました。全校児童、保護者が見ている中、ぼくは、ただ一人でスタートを切ります。棄権してやめることだって出来たのに〜こんなに恥ずかしい思いをしながら、全速力で走ったぼく。その一生懸命な気持ちが読者にも伝わってきます。頑張っている「ぼく」を私も観客席から一緒に応援したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本まねっこルビー

2001/02/16 11:25

自分らしさを発見出来ない子どもたちへ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 転校生のルビーは、前の席に座っているアンジェラの真似ばかりします。アンジェラが赤いリボンをつけてくれば、昼休みに家に帰り、赤いリボンを、洋服だって、家に帰って着替えてきます。それだけなら、まだしも発表でも同じことを言うルビー。最初は、優しく受け入れていたアンジェラも だんだん嫌気がさしてきます。

 ハート先生に、注意され、ルビーらしく生きることを勧められたのに、次の日から、ルビーはアンジェラの真似をやめ、ハート先生の真似をするようになります。ピンクのプラステックのつめをつけ、先生と同じ休日を話し、でも、そこで、嘘だと分かっていても優しく見守るハート先生に、ルビーは初めて自分のことを話します。

 とても素敵なアンジェラ、ハート先生のようになりたい、そう思う心がすべて容姿だけの真似になってしまいました。最近の教育で、個性を大切にする事がよく言われています。「わたしらしさ・ぼくらしさ」の意味すら分からない子どもも多いのではないでしょうか。ルビーだって、皆がうっとりするような素敵なスキップが出来ます。「自分らしさ」がまだ発見出来ない子どもたちへこの絵本をどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ルピナスの花にこめられた願いは…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 海を見下ろす丘の上に住んでいるルピナスさん。今はもうおばあさんですが、ルピナスさんにも勿論少女時代がありました。今の子どもたちと同じ様に、夢も見ました。ルピナスさんの夢、それは、おじいさんが、若い頃、遠い国々に出かけたように、ルピナスさんも国々を旅したい。そして、おばあさんになったら海のそばの町に住む… その話を聞いたおじいさんは、一つだけその夢に付け加えました。「世の中をもっと美しくする為に何かしてもらいたい。」簡単なようで難しい願いです。

 この絵本は、どうやって、ルピナスさんがこの願いを叶えたか… 回想でストーリーが進みます。そして、最後のページでは、ルピナスさんの話を聞き終えた子どもたちが、野原一面に咲く「ルピナス」を摘み、楽しそうに遊んでいます。そして、丘の上で優しく子どもたちを見守るルピナスさん。パステルカラーの優しい花 「ルピナス」は、まるで、ルピナスさんの様に子どもたちを優しく包んでいます。大人の方にも是非読んで欲しい素敵なルピナスさんの一生を描いた絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本トンちゃんってそういうネコ

2000/12/31 13:18

がんばれ!トンちゃん

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この絵本を2回、小学生対象のお話会で読みました。
文は1行ですが、結構ページ数があります。
普通のネコと変わらない説明の最初のページでは、笑いも飛び出しますが、
トンちゃんの足が一本ない事を知った時、子どもたちは急にしーんとなりました。

 何かの事故でしょうか?
3本足だと 確かにケンカをしたら、なかなか追いつけません。
でも、トンちゃんは普通のネコと変わらない生活をしています。

 私たちは 足が一本ないから可愛そうと悲観的な見方をしてしまいます。
でも、それを受け入れないといけないのが現実です。
悲観的な生き方では、この先真っ暗かもしれません。
草の上のひなたぼっこをしたり、風の匂いをかいだり…
「まんぞく、まんぞく」とおなかを出して寝転がっている場面は、
トンちゃんは、この変えられない現実を素直に受け入れ、
トンちゃんなりの幸せを築いているのだと思います。

 日本語と英語に二ヶ国語で表記されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本雪のかえりみち

2000/12/22 08:48

一人でよく頑張ったね>ゆい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は南国生まれ、育ちなので雪を知りません。
あっという間に5センチ、10センチ積もってしまう雪を見て驚いてしまいました。

 1年生のゆいは、朝 雨が降っていたけれど、遅刻しそうだったので
傘も長靴も持たずに家を飛び出しました。
でも、3時間目の終わり頃から窓の外は大雪。

 下校時間になり、よそのお母さんたちは傘を持ってきてくれるのに、
ゆいのお母さんは仕事なので、迎えにはきてくれません。
だから、傘も長靴もなしに、一人で雪道をバスに乗って帰らないといけません。
手袋はなし、手先はじんじん、雪のしみこんだくつは 足先まで冷たくてたまらない。
そして、周りは見知らぬ人ばかり。わずか6歳、とても心細かったと思います。
思い出すのは、3歳の頃 お兄ちゃんと夜遅くまで留守番をした寂しい夜のこと。

 でも、周りに大人たちの何気ない優しさで ゆいはちょっぴり元気を取り戻します。
他人に無関心な人が増えている中、バス停で 傍にいて、一緒に歌を歌ってくれた
お兄さんの優しさに心打たれました。 雪の降る日にどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あしなが

2000/11/15 13:35

噂だけを信じないで。事実を確認して。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あしながは、とても美しいイヌです。
どこか気品があって、大きな家に住んでいそう。
その辺りにいる野良たちとは一風変わった雰囲気がします。

 勿論、野良たちは、そういうあしながが大嫌い。
皆で、様々な悪い噂を流します。人間の世界でもそうです。
悪い噂は尾びれをつけて どんどん広まっていきます。
だから、あしながはいつも一人ぼっち。可哀想です。

 ある日、野良の中の一匹が噂の間違いに気付きます。
そして、あしながは、やっと野良の仲間入りができました。
間違いを素直に見つめ、そして仲間にきちんと話す勇気も必要です。
あなたの周りにも、こういう事ってありませんか?
噂に振り回されず、事実を確認することも大切かもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぐらとずぼん

2000/10/30 10:50

一枚のずぼんを作るのもとても大変な作業です。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 土の中から出てきたもぐらは、何でも入ってしまいそうな大きな大きなポケットのついたズボンが目につきました。
もぐらは、そのズボンがどうしても欲しくてたまりません。
そこで、森の中の昆虫や動物たちにどうしたらそのズボンが手に入るか聞いて回ります。

 裁断なら、切るのが得意な「えびがに」が出来ます。
縫うのは、巣を縫って作る「よしきり」が…
でも、肝心な布がありません。

 布が欲しくて泣いているもぐらに、「あま」という植物が声をかけます。
この植物を大切に育てると、布の材料(繊維)ができます。
そこで、もぐらは、「あま」の為に、害虫を追い払ったり、水をやったり、一生懸命働きます。

 初版が1967年、チェコスロバキアの絵本です。
植物や昆虫など ちょっと聞きなれない名前が出てきます。
でも、絵を見れば、何となく分かってしまう…ここが絵本の素晴らしさでしょう。
30年前の絵本とは思えない、とても鮮やかな色彩で描かれています。

「あま」を干して、折って、すいて、紡いで、はた織…1枚の布を作るには大変な作業がいります。
私も知らないことばかり…とても勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ふとんやまトンネル

2000/10/08 18:17

夜寝るのが楽しくなりそう(^^)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 お布団をトンネルにして、もぐるのって楽しいね。
けんちゃんは、ふとんトンネルから少し顔をだして、隣の部屋を見ていたら、
父さんに怒られたので、今度は反対側のトンネルを探検をします。

 すると、トンネルは、どんどん長くなって、到着した所は、なんと野原。
そこには、トンネルを掘った子どもたちで いっぱいあふれていました。

皆とお布団山でおおあばれ…
 # こんなことをしたらお母さんは怒るだろうな(笑)
そして、パジャマで木登りしたり、電車ごっこしたり。楽しそう。

 でも、かえる時は、ちゃんと自分のふとんトンネルから帰らないと大変だよ。
なぜ?ってそれは読んでからのお楽しみ(^^)
今晩、あなたも布団トンネルをもぐってみない? そこには野原が広がっているかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

核兵器がこの地球からなくなりますように

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1954年3月1日、太平洋上でアメリカの水爆実験がありました。
そこで何も知らずマグロをとっていた第5福竜丸の乗組員は、「死の灰」を浴びてしまいました。

このお話も、1954年 同じ太平洋上で起こったお話です。
それは、突然の出来事でした。
まるで、空が大火事のような真っ赤な夕焼け、海の水がぐらりと揺れる恐ろしい音がしました。
その後、雪のように降りつづける、白いふわふわな粉。
トビウオ坊やは、面白がって、その白い粉の上を飛んで歩きました。

その後、トビウオの坊やは、白い粉(死の灰)を被った為、強烈な頭痛に苦しみます。
医者という医者に診せ、薬屋さんを探すおかあちゃんトビウオ。
どうにかして、我が子のこの苦しみを救いたい。
おかあちゃんトビウオの事を考えると涙が出ます。
水爆実験さえしなければ、罪のない人たちがこんなに苦しまなくてすんだのに。
たくさん死んでいった魚たち。その無駄な死もなかったのに。

第5福竜丸の無線長、久保山さんの最期の言葉が印象的です。
「自分が人類史上最後の被爆者であるように。」
2度とこういう悲劇は起こしたらいけない事だし、
時代は変わっても、いつまでも忘れてはいけないことだと思います。
…核兵器がこの地球からなくなりますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

630 件中 1 件~ 15 件を表示