サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. クロさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

クロさんのレビュー一覧

投稿者:クロ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本海辺のカフカ 上

2002/10/01 17:23

私と違う世界の「海辺のカフカ」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 遠い昔私が未だ若かった頃 カフカの「変身」 似た様な名前、カミュの「異邦人」を読んだ覚えがあるけれど どっちがどうか もう覚えていない位 私の読書歴は恥ずかしい限りで 書評など書く身分では無いが インターネット上で 何となく「海辺のカフカ」と言う題名と 村上春樹という著者の名前を見たら 無性に読みたくなって 図書館には未だ入っていそうにも無いしと 駅前の田舎にしては大きな書店へ行って「海辺のカフカ」入ってます?と聞いたら 何と目の前の一番目立つ所に数冊重なって積んであったので その場で買ってしまい 夜、寝床に入ってから、日中は銀行とか役所での待ち時間を利用して4,5日掛かって読み上げた。
 一番興味が沸いたのは ナカタさんが猫語を理解出来たという事で、生まれて此の方常に猫と一緒の暮らしに慣れていた私で、猫嫌いな主人を立てて猫を飼わなくなって3年になる。最後の猫は長男が高校2年の時校門で拾った三毛の子猫を育てて14年、老衰で亡くなって以来で、その後は寂しい思いをしている。
 三毛猫だから自然に「ミケ」と呼ばれ捨て猫だからと自覚して遠慮してたのか 私の布団で一緒に寝ても何時も足元に寝ていたミケ、子猫が産まれてそのまま何処へも貰われずに家に居ついてしまった子猫の「ニャンコ」家付きの猫と威張ってかニャンコは私と枕を並べて寝るのが普通で何時も向かい合って寝ていたが 
体が弱くて 動物病院へ掛かったのもニャンコだけ 親より短命で 親よりも数年前に 黙って姿を消してしまった親不孝なニャンコだった。この猫の親子の会話を聞き取れたら そして会話が出来たら ミケに優しい言葉を掛けてやりたかった。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示