サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 松場愛さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

松場愛さんのレビュー一覧

投稿者:松場愛

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ナスダックジャパンの撤退も当てはまる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アジア通貨危機後、国際金融をめぐる著書が増加した。この本は1994年刊行と、アジア通貨危機やメキシコ通貨危機より以前にまとめられている。しかし国際通貨をめぐる議論を緻密に整理しており、いまでも、国際通貨、国際金融を考える上で、重要な参考文献である。残っていく専門書のひとつかもしれない。

円の国際化の議論が続いているが、著者は国際通貨の条件として、軍事大国、貿易大国、金保有大国、そして国際的信用制度の確立をあげている。国際的信用制度とは、国際金融市場と国際金融ネットワーク(海外支店銀行網と海外銀行・証券子会社)から構成されるという。

日本については、ドル本位制を支える「下位のパートナー」との役割を指摘している。個人金融資産1400兆円と巨額な資金が日本にあっても、ナスダックが撤退し、メガバンクが不良債権に苦しむ中では、円の国際化はおこがましい議論と痛感させられた。こうした状況も見過ごしたようなクールな考察が印象深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示