サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ベリ太さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ベリ太さんのレビュー一覧

投稿者:ベリ太

88 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本運命を拓く 天風瞑想録

2002/07/07 04:07

叱咤激励

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不況とリストラに脅かされる現代、
今までの価値観が崩れ去ろうとしている状況は、
自分自身の力を回復させてくれる何か強い言葉を求めてしまう。
最近の書店には、東西問わず種々のそのような本が並んでいる。

不明にして、天風師の名を最近になって初めて知った。
旧柳川藩の士族の子弟、激烈な性格は正当防衛とは言え、
10代にして殺人、頭山満に師事し更には率先して大陸にスパイ活動に出向く。
もう少し早く生まれたならば、過激な勤皇の志士か、西南の役に決起応じたであろう。

そんな彼が病の死線を乗り切り、
後に大悟した哲学のエッセンスの講述がこの本である。

彼は決して甘やかすことはない、ひたすら叱咤激励する。
そしてその叱咤のなかに人間の向上心を刺激しながら深い愛情を含めている。

現代の我等も負けないぞ! 心を奮起させる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君主論

2002/07/31 22:56

マキアヴェリの息吹が伝わる訳文

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マキアヴェリズムをちなみに広辞苑で引こう。
目的のために手段を選ばない、権力的な様式。
権謀術数主義。
確かにそうである、しかし目的は何であるか?

個人として印象に残ったのは彼の思想の広辞苑的な側面ではなく、
運命にたいして非常に敬意と諦念を持ちながらも、
自己の能動的な意志によって可能な部分は必ずあると信じ、
それには徹底して尽力すべきであるという意思である。

曰く、私たちの諸行為の半ばまでを運命の女神が
勝手に支配しているのは真実だとしても、
残る半ばの支配は、彼女が私たちにまかせているのも真実である。

この書は、上に立つものの書ではない。
運命の半ばを己の意志のものにせんとするものの書である。

訳は、やさしい日本語を使用しながらも、
流麗さを多少犠牲にしてもマキアヴェリの息吹を可能な限り
伝えようとする。いままでの訳に対して出色といえよう。 



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

30年戦争のパノラマ画

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハプスブルグといえば日本ではウィーンを象徴の頂点として、
ワルツ、モーツァルト、お菓子等々と絢爛な文化の担い手としての
イメージが先ず浮かんでくる。

それは確かにハプスブルグの一つの姿であるが、
それと同時にカトリック信仰を柱石に据えて、地理的制限はあるものの、
世界支配すらももくろんだ強力な帝国でもあった
(事実は全ゲルマニアすら覚束なかったが)。

その野望の過程で一番の転機となったのはこの30年戦争である。

一般に30年戦争は教科書上と、スウェーデン王グスタフ・アドルフ、
ワレンシュタイン、リシュリューと光芒輝く登場人物に恵まれながら、
なかなかその内容にまで知ることが難しかった
(小説に少しでもその具体的イメージで触れることができるのは、
 佐藤賢一氏の「ジャガーになった男」の一場面くらいか)。
そういう意味でもこの本は貴重な存在である。

文章は解かりやすく平明であるが実に生き生きとして、
楽しみながらぐいぐいと読むことができる。

専門家からすれば、もしかしたら内容は物足りないかも知れない。
しかし、書き手が自己満足ではなく本当に歴史を一般に知って欲しいと
思うならばこうあるべきではないかと思う。

この本に頼山陽の「日本外史」の流れを見る思いがする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わたし琵琶湖の漁師です

2002/07/31 01:44

なかなかの漁師さんやで。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この漁師さん、ほんまに琵琶湖の魚が好きで好きでしょうがないみたいだね。
漁師さんってみんなこんなもんだろうか?だったらほんとに幸せな職業や。

しかし琵琶湖には、ほんまにようけ色々な魚が棲む場所やな。
鮒、鮎、モロコぐらいと思っておったらとんでもない。
こんな湖は、日本広しといえどもそんなにあらへん貴重なものや。

ところがだ、その豊かな場所がブラックバスに代表される外国の魚に
滅ぼされそうになっておるんじゃ。

この漁師さん、ここがいいところなんだが、
それこそ罪を憎んで人を憎まずのお魚版じゃ、
この本来ならにっく気やつをにっくきにした身勝手な人間に、
その責任を問うおる。

なかなかできた漁師さんやで。

まあ、こんなくだらん書評でもまずは一度読んでみいや、
釣りをせんもんでも、面白く読めることをうけあうで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本古文研究法

2002/07/20 09:32

深い学問を垣間見せる参考書

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この小西さんの参考書が未だ現役の本として
並んでるというのは懐かしさ以上に嬉しい驚きである。

学校教育で習うものは単独でそれがあるものではない。
深い学問の凝縮であり、長い道の端緒となるものではないか。
ならば勉強は楽しいものであるべきである。

そういう意味でこの参考書は実に勉強を楽しくさせてくれる。
付け焼刃に有効な参考書では決してない。
しかしこれに馴染む頃、いつの間にか自分の受験力が驚くほど
伸びていることに気づくであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本武士道とエロス

2002/07/06 12:36

先祖たちの激しい情念

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

元亀文禄の遺風を残した江戸時代初期は、
我々の想像を遥かに超えた激しい情念の世界に違いない。
むしろ下克上という徹底した現実主義の中での生命の争奪戦の機会の喪失が、
恋、それも男色というものにより激しい情念をもたらしたものであろうか。

恋の為に命のやり取りに及ぶ心理、
我々の先祖たちの生き様と思う時、現代の常識では愚行とされるものであっても、
なにか憧れにも似たさわやかな印象を感じることに否定できない。

この本は、そのような情念を色々な角度からとらえた貴重な文化史である。
数々の挿話は一つ一つ何か特別の印象を読者に残してくれるものと思う。

更にこの読後に例えば西鶴の武家物を読めば興もまたひとしおであろう。
歴史、或いは時代物に少しでも興味を感じる人には、
テーマにとらわれ逡巡することなく是非とも一読をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本知性の磨きかた

2002/07/26 01:01

これは人間の生き方に対する提言である

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この書はでは、三日間の講義をそれぞれ章立ての構成を取っている。
一つは学問の楽しみであり、一つは読書の幸福、一つは遊びは創造である。

最初の学問の楽しみの楽しみに至るまでの道は尋常ではない。
その方法論の一般の人にとっての容易ならざる事である。
著者は決して生易しいことを話して自分の持論を譲らない頑固さを持つ。
まさにプロフェショナルの為の方法である。
本当に学ぶことが楽しいなら、その道の苦労は苦労でなく楽しいのである。
少なくとも題名の「知性の磨きかた」を手に取るほどの人間なら、
須らくそのような気概を持つべきであろう。

著者は若年からの勉強の必要性を強く説く、
しかし、一方で本居宣長の「初山踏」を引用して、
「また晩学の人も、つとめはげめば、思いの外功をなすことあり」
と年配者にも学問に勤めることをも忘れてはいない。

最終的には目的意識を持って主体的に続けることなのだ。
読書もまた然り、大切なのはそういう意識であろう。

これは一般のサラリーマン諸氏に対する生き方への提言でもある。
最後の章はいい意味での個人主義のあり方も含めて示唆に富む。

知性を磨くとは、自分自身の生き方を学ぶと事であろう。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本傭兵の二千年史

2002/07/24 10:54

「サンタ・マリア!」から「スペイン万歳!」へ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

傭兵のイメージとは。
文字通り生きるために命を懸けて金で雇われるという矛盾。
そんな側面は常にともないながらも、
彼らの一つの頂点となった16、17世紀のランツクネヒトの
暴虐ほしいままの集団でありながら、
強い仲間意識とある種の公正が支配している世界に、
人間の一つの側面を見る思いがして感慨深い。

そんな集団が歴史の主役だった時代とは?
現在残る美術品や建築物のような
光の面では読み取れない時代の様相を感じさせてくれる。

30年戦争後、勝利の勝どきが「サンタ・マリア!」から、
「スペイン万歳!」に変貌をとげるとき、
情け容赦ない暴虐な傭兵がだんだんその主役の役割を終える。
一方で国家という大義名分を持った国民兵が主役に登場するにつれ、
戦争がとめどもない殺戮戦になっていく姿は何とも皮肉である。

著者の文章はとても読みやすく面白い。
気楽に読み進められるが、読者の興味を引くような配慮を感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本百人一首

2002/07/20 17:16

百人一首に興味のある人は必ず手元に置いておきたい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幾種類かの百人一首の解説書のなかで、
本書はきわめて特徴的であると言えよう。

歌があり、現代日本語があり、語義解釈、鑑賞と
おおよその形式は他書と類似している。
しかしその鑑賞までもこれまた優れものである。
中世から大岡信氏のものまで多くの解釈を紹介して、
百人一首と日本人との関わりの歴史の分厚い集積を見る思いである。

そして解説はこれで終わらない。
一首一首それに続く古注の全文引用紹介と
さらにはそれに対する解説である。  

応永抄、経厚抄、頼孝抄という一般では目にできない、
江戸期以前のいわゆる古注という注釈が、
このようは文庫という形でこの価格で、
気軽に手にすることができるとは将に驚愕の思いである。 

百人一首に興味がある人は他の類書があっても、
手元にこの本を備えることを強くお勧めしたい。

そして、これが採用した出版社に敬意を表するとともに、
絶版品切れにならないことを強く望みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロマネスクの図像学 上

2002/07/20 12:36

多様性にあふれた中世

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エミール・マールの名著「ゴシックの図像学」を手がけて、
はるか30年隔ててその前史のロマネスク(12世紀)を
手がけたという。

ゴシック時代が一つの秩序と統一という理念を
熱烈な情熱で目ざしたことに対応して、
マールも著作に同じような美を意識しながら進めてきた。
このロマネスクを扱った著作はそれと一変して、
もっと柔軟に理念よりも具体的な対象物をメインに進めている。

中世の暗黒時代と言ったような乱暴な言い回しは、
すでに廃れて久しいが、この本で改めて中世の多様性を教えられる。
たがだか100年いやロマネスクとゴシックの様式がほとんど混在する
ケースも多い中、この明らかな個性の違いは驚くほどである。

マールの著作はいつも対象に愛情を込めての研究が伝わる。
中世フランスから時代も距離も遥かに隔て、
さらに門外漢の私でも楽しめて読める根源はそんなところにあるのか。

マールの意図をしっかりと伝えた翻訳陣の
丁寧な頑張りにも大いに感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゴシックの図像学 上

2002/07/20 09:13

知識は芸術的感動をより深めるもの

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中世図像学の権威であるエミール・マールの、
もっとも重要であり古典的な著書が、
こうやって簡単に手にできるとはまこと喜ばしいことである。

この著での図像研究の方法論は、
中世の思想・学問を統合したヴァンサン・ド・ボーヴェの
「(自然・学問・道徳・歴史の)鏡」の構成を
積極的な意味で踏襲しながら、
中世的な意味でも該博な知識を援用して図像の意味を解明する。
彼も言うように中世の芸術は、まさしく象徴的言語である。

そして、この著作を秀逸にさせているものをは、
中世芸術を見る彼が感性のレベルという芸術を見る根本のところで、
対象に深い感動を彼が持っていることをひしひしと伝わるからだ。

知識は芸術的感動を減衰させるものでは決してない。
より深くする手段の一つでもあることをこの本は教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

音楽のヨーロッパ史

2002/07/06 11:47

音楽をとおしての生きた社会史である。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これはいわゆる音楽史の本ではない。
音楽が戦争、祭典等の機会において果たしてきた役割を描く、
古代から現代までのヨーロッパ社会史と言えよう。

いたるところに音楽があふれている現代人にとっても、
オリンピックやワールドカップで聞く国家には何か特別な魔力が宿る。
音楽が非日常であった時代の人々にとって、
特別な機会で体感する音楽がいかに感情を動かし鼓舞するものか、
我々の想像を超えたものに違いない。

この本では、ほとんど聞くことのできない当時の楽器、
その楽器の持つ意味から始まり、
時代の流れとともに多くの記録の具体的な実例を盛り込みながら、
社会の一つの断面を見事に浮き出すのに成功していると言えよう。

中世から近世までの部分は特に秀逸である。
個々には短い記述ながらも、教科書的な歴史的事実を、
人間が生きていた事実に映し出す。

中世学人の一般教養とされた自由七科の一つの音楽、
その持つ意味を著者から改めて認識させられた感がある。

この本での近代から現代までの記述は付録と思って読んだ方がいい。
むしろ著者のこの部分だけで次回の著作に是非とも期待したい。

巻末にある4種類の年表もなかなか興味深い。
著者の読者への親切な配慮に感謝したい。
  

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

城下の人

2002/06/30 18:52

明治の最もリアルな映像の一つである。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

明治初期から日清戦争にかけて激動のなかの息吹を、
これほどリアルに語る本も少ない。
作家ではなくまさに自分の体験を語るものの強さであろう。

またしっかりとした教育を受けながらも明治元年生まれの軍人である著者の
会話を巧みに織り込みながら饒舌でなく、
平成の現代人にもぐいぐいと迫ってくる表現力。

著者の力量もあるが当時の短い歴史の中で言文一致体がここまで
発達したことにも驚かされる。

神風連の乱、熊本城炎上、西南戦争等々の記述は特に秀逸である。
敵、味方、士族、平民 登場する人物達のなんと魅力的なことだろうか。

これを読んだ後、ドラマや映画でこのあたりの時代を見ると、
残念ながら気抜けしたビールのように失望を感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本プルターク英雄伝 4

2002/07/29 01:11

悲憤慷慨の書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幕末の勤皇の志士たちの多くの手には「日本外史」があった如く、
フランス革命時にはジャコバン派、ジロンド派問わず広く読まれた。
英雄の列伝は時代を超えて魂を昂揚させるものがある。

本4巻は、そのなかでも特に興味深い。
ハンニバルをして古今第一の名将と賞賛せしめ、
遠く下っては、マキアヴェリもアレキサンダー大王に
勝るとも劣らぬ評価を呈したエピロス王ピュロスの登場である。
(本書ではエピラス王ピラス)

高い勇気と優れた軍略を持ち合わせ数度も隆盛するローマ軍を破り、
最後にはスパルタとの乱戦の中、壮烈な戦死をとげる。

おそらくは長い歴史の中で数え切れぬほどの人を
悲憤慷慨の思いに至らしめたであろう。

訳はドライデンの英訳に基づくので、固有名詞は総て英語読みであり、
多少気にならないことも無いが、日本語として素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

愛すべきイギリス小説

2002/07/28 23:06

罪作りな本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんな深い思想があろうとも小説は読んでいて
面白くあるべきだ。
著者のここで選んだ作品群もまさに基準は著者の好みという。
そういう趣旨だから、文学史や名作全集に
鎮座ましますものばかりでない、いや少ないくらいだ。

英文学を専門に学んだ人でない限り、
おそらくは初めての名前や作品も多いだろう。
私もそうであった。

著者のあまり熱心な読み手でないという言葉を信じるならば、
面白いものに対する嗅覚には素直に敬意を表したい。

取り上げる作品作品が、皆そろって個性的で魅力的に写る、
それこそ「愛すべき」作品群である。

この本のおかげさまを持って読めもしない英語の本が、
私の本棚に諦めが顔で変色してきている。
本にとっては罪作りな本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

88 件中 1 件~ 15 件を表示