サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ZOOMさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ZOOMさんのレビュー一覧

投稿者:ZOOM

2 件中 1 件~ 2 件を表示

着地地点が見えてきた??

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 これまでの布石や伏線に、新たなエピソードを絡め、壮大な物語に仕上がっている。謎解き部分で多少のご都合主義を感じたものの、大掛かりなトリック、そして森博嗣らしいインテリジェンス漂う解説(笑)はやはり楽しい。
 また、シリーズも九作目となり、これまで伏せられていた事柄が突如として語られ始めた。ニヤリとする読者、戸惑う読者それぞれだろうが、十作目という区切りに向かって、いよいよ着陸態勢に入ったようである。

 森博嗣の文章には、いつもハッとさせられる。並みの作家では到底思いつかないような「言い回し」を多用し、それが一々面白い。秀逸なのだ。私は、それら選び抜かれた言葉に触れたくて、森作品を読み続けているのかもしれない。
 本作でもその輝きは健在だった、と言っておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臨機応答・変問自在 2

2002/10/25 23:21

【Q】面白かったですか?【A】読む人によります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 質疑応答集の第二弾。驚くべきことに、突っ慳貪さには磨きが
かかっていた(笑)。

 前著において最も魅力的だった部分は、「助教授・森博嗣」の顔を
垣間見られたことだと思う。「作家・森博嗣」しか知らない私にとって、
そしておそらく多くのファンにとっても、貴重な本になったのではないか。
 ところが、本書の質問はネットで公募したものを使っている。つまり
質問者は「森博嗣ファン」であり、回答者は「作家・森博嗣」なのだ。
 いつもの普通の森博嗣なのである(笑)。
 いや、いつもの普通の森博嗣も充分普通ではない魅力があるのだが、
このシリーズに限って言えば、最後まで助教授で通して欲しかったなあ、
というのが、正直な感想である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示