サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. shakaさんのレビュー一覧

shakaさんのレビュー一覧

投稿者:shaka

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本カラフル

2000/07/13 15:26

まだやりなおすには遅くはないのかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「おめでとうどざいます。抽選に当たりました!」

 そう言って僕の目の前に現れたのは、見ず知らずの天使だった。どうやら僕は前世での行いが悪かったため、魂の輪廻のサイクルから外されてしまうところだったらしい。しかし、良く分からない抽選でもう一度チャンスを与えられた。
 これから下界で他人の体に乗り移り、その人として暮らす。そして一年以内に自らの前世の過ちを思い出すことが出来たら晴れて輪廻のサイクルに戻れる、とそういうことらしい。

 「このように一時期他人のからだの乗り移ることをホームステイと言います」

 天使はとぼけた顔でそう言った。
 そうして僕のホームステイ先となった体は中学三年生の小林真。彼は内向的で(ハッキリ言ってネクラ)、背が低く、いじめられっこだった。そんな彼はとある理由から自殺未遂(未遂じゃなく死んだんだけど)していた。その体に僕が乗り移ったというわけだ。
 想像以上に荒んだ真の周りの環境。家庭、学校、友人全てに見放された真(僕)はとりあえず生きていくことになるのだが…。


 中学生という多感な年頃に訪れる、平凡で非凡な生活。真である「僕」は、その生活に嫌気がさしながらも生きていかねばならない。そして、少しづつ、少しづつだが変っていく真とその環境。些細なことなのだが、それが妙に心を打つ。
 誰にとっても遠くて近い出来事。決して経験したわけじゃないが懐かしくなる出来事。どこかでであったような人達。そうした生活の全て、当たり前に見えていたものが当たり前のものとして認識できることの大切さ。
 簡単なことだから気づかない。だからこそ気づいたときには大切なもの。
 生きていくってことは簡単だから難しいのかもしれない。

 フォントは大き目で、平仮名が目立つ。なんだかそれが逆に新鮮でいい気持ちにさせてくれる。大人になってしまったような気がしていた自分が、まだ遅くないんじゃないかと思えるそんな素敵な一冊だった。
 簡単に、シンプルに、そして平凡に生きていくことに不安になったあなたに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示