サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. バッハおじさんさんのレビュー一覧

バッハおじさんさんのレビュー一覧

投稿者:バッハおじさん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

オルガニスト

2000/10/02 14:00

バッハのオルガン曲が聴きたくなるミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今年2000年は、ヨハン・セバスティアン・バッハの没後250年に当たる。わたしは気が向いたときに好きなCDを買うくらいの軟弱なクラシックリスナーだから、バッハのオルガン曲にそんなに詳しいわけではない。しかし、『オルガニスト』(バッハとの関連でサイトで検索して、bk1で購入)を読んだら、登場するオルガン曲がみんな聴きたくなった。なにせ「バッハの音楽が事件解決の鍵を握るバロック・ミステリー」だ。曲がわからないと、小説の奥行きが味わいつくせない。この小説は第10回日本ファンタジーノベル大賞受賞作で、文章も見事。バッハのミステリーには篠田節子さんの『カノン』(文春文庫)もあり(こちらはオルガンではなくチェロ)、これもお薦めだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本加田伶太郎全集

2001/03/28 12:31

加田伶太郎にして船田学(フナダガク)の、福永武彦のミステリとSFの全作品(資料も充実)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 新潮文庫の『加田伶太郎全集』は手軽で読みやすかったが、惜しむらくは『福永武彦全小説=全集』5巻(新潮社)の全作品が収められていなかった。今度の扶桑社文庫版は、福永の書いた加田+船田のすべての本文はいうまでもなく、江戸川乱歩の文章など「加田伶太郎」関連の資料まで収録されている文字どおりの『全集』だ。名篇「失踪事件」や「赤い靴」が再読できるのも嬉しい。せっかくの『全集』なのだから、「序」や「付録」の細目まで目次に掲げてくれるとなお良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示