サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. フェニックスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

フェニックスさんのレビュー一覧

投稿者:フェニックス

2 件中 1 件~ 2 件を表示

見ているだけで楽しい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 全体を網羅した「アメリカ」は現実的な情報重視のために「構成」という点ではあまり美しくないが、さまざまなテーマによって編集されたアメリカに関する地球の歩き方(「アメリカの魅力的な町」など)は、写真や専門的な知識、地図など全体的な構成がすばらしい。特にこの「アメリカの国立公園」は読み物としても十分に楽しめる優れもの。これからも魅力的なテーマを発掘し、写真がきれいで内容も豊富な新刊を作り続けてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

加藤氏の著作への最良の入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現実に出版社が東京地方のある地域に集中し、大学が東京大学を頂点として位置づけられている限り、『敗戦後論』が引き起こしたような論争は、私のような部外者にはつまらない陣取り合戦以上のものには映らなかった。どちらが正しくてどちらが間違っているかというよりも、論争のなされ方自体に納得がいかなかったのは私だけではないだろう。
 奈良で開かれたこのささやかな書評会の記録は、さまざまな専門を背景にもつ研究者が、十分に加藤典洋の著作を読み込んだうえで意見を交わしあう、非常に好感のもてる内容となっている。論争とは、全体的に勝ち負けを決することではなく、どこまでが賛成でどの点に異和感を感ずるかを率直に述べあうことだ、ということがよく伝わってくる。
 加藤氏自身も「内在」から「関係」へという持論を最初にわかりやすく語り、また、それぞれの論者に対する反論や意見も的確でわかりやすい。これまで、加藤氏の著書をあまり読んだことがなかった者でも十分に楽しく読めるはずだ。これから読み進めていこうとする者にとっては、最良の入門書となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示