サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゲインさんのレビュー一覧

ゲインさんのレビュー一覧

投稿者:ゲイン

6 件中 1 件~ 6 件を表示

内容証明1通でワンマン社長に未払い賃金を払わせる男、大野。彼は一体何者?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「怒突ビルメンテ」に勤める青年、田村勝弘。彼は社長と喧嘩したばかりに、言いがかりをつけられて会社をクビになる。それどころか社長はこれまで働いた分の給料まで払わないと言う。
 行きつけの店でやけ酒をあおっていた田村に、スケベそうな男が酔った弾みで酒をかけてしまう。これが田村とやり手の行政書士、大野勇との運命的な出会いだった。
 酒をかけてしまったお詫びに、大野は田村の未払いの給料を取り戻そうといい、なにやら書類を書き始める。
 翌日半信半疑ながらその書類を内容証明で送った田村。数日後彼の家に書留郵便が…。その後電話をかけてきた怒突ビルメンテの社長の萎縮ぶりにはスカッとさせられる。
 それから田村は、大野のもとで働くこととなる。法律を扱う大野事務所には様々な依頼人が、様々なトラブルを持ち込む。金や利害が絡むととたんに醜くなる人間たちを、「カバチタレ」では独特の画風を生かしえげつなさを全面に出して描いている。海千山千の強者揃いの大野事務所で働きながら、田村はどう変わっていくのだろうか。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

過去5年間の本試験の問題を項目別に収録。詳しい解説が付いていて、「うかるぞ社労士」とのリンクもあり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 資格試験においては過去問の検討は欠かすことのできない重要な作業です。
 社労士試験においても、出題の対象となる条文とそうでないものがあるため、過去問を解くことで、頻繁に出題されるポイントを見極めることができます。社労士試験は科目数が多く、一つ一つの科目もすみからすみまで極めようと思うと勉強すべき範囲が無限に広がってしまいます。ですから、勉強すべきところを知るために過去問が必要なのです。
 本書は、社労士の受験指導で有名な秋保氏の監修による過去問集です。過去5年間の本試験で出題された問題(択一式、記述式、選択式)が、項目別に収録されています。
 各問題には難易度、詳しい解説、関連事項がついています。また、「うかるぞ社労士」(週刊住宅新聞社)の関連ページも記してあるので、すぐに参照することができるようになっています。ですから、本書は「うかるぞ社労士」と一緒に使うのがベストだと思います。過去問もただ解くだけではあまり意味がありません。その箇所をきちんと基本書で理解しておくことが重要です。そういった意味で、この「うかるぞ社労士」とのリンクは非常に便利な機能です。
 5年間分しか収録していないので、ちょっと問題数が少ないと思われるかもしれません。しかし、「うかるぞ社労士」の方に重要な過去問は(かなり昔の問題でも)掲載されているので、それほど不便は感じません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

田村の小さなミスが大きな詐欺事件へ発展!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 それにしても世の中には救いようのない奴というのが本当にいるものだ。
 1巻でつつもたせにしてやられた股倉が、また怪しげな商売に引っかかった。そして事態は悲劇的な方向へ…。「この世の中にそんなうまい話などあるわけがない」 この教訓が身にしみるストーリーだ。
 さて、股倉の事件で自分の無力さに落胆した田村がまた失敗をしてしまう。大野事務所を、「社会保険加入手続の代行を頼みたい」といって中年の男が訪れた。書類に印鑑がないことに気付いた田村は、親切心から自分で三文判をついてしまう。実はその中年の男は健康保険証を使った犯罪をしようとしていたのだった。自分の失敗が招いたものの、田村にとって大いに勉強になる事件となった。
 大野事務所には次から次へと依頼が舞い込む。今度は交通事故と相続の絡んだトラブルだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

愛を信じないために、かなわぬ愛を繰り返す罰を与えられた少年の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 なぜ人間には男と女がいるのか。そしてなぜ男女は愛し合うのか。「男女間に愛があるのは、人間が子孫を増やすためだ。」という説明もあるだろう。それはその通りかもしれない。
 しかし、ただ子孫を増やすためならば、神は生殖行為などしなくても子孫をつくれるように人間をつくればよかったのではないか? 男と女がいれば必ずと言っていいほどトラブルが起こる。実に男女問題というものは面倒でやっかいなものだ。男と女というように分かれていなければ、こんな問題も起こらなかったはずだ。それでも神は人間を男と女と分けてつくった。
 こういった問題は考えたところでわからないかもしれない。けれども、私はこの「アポロの歌」を読んで一つのヒントを得たような気がする。
 本書の主人公は近石昭吾という少年だ。ある病院の精神科に彼は連れてこられた。理由は、彼が激しい加虐性、特に動物に対する異常な憎悪と凶暴な殺戮を伴うものを有していたからだ。
 彼の人格がこのようになったのには理由があった。つらい過去をもつ彼には同情すべき点が多いと思う。だが、電撃療法によって彼が迷い込んだ世界で出会った女神は、それでも彼に試練を与える。ここから彼のつらく、悲しい輪廻が始まる。
 次から次へ、彼はその試練の中を生きる。愛を信じることができず、それどころか憎んでいた昭吾。彼は罰を受けながらも何かをつかみ取ることができるのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

法律を武器に欲にまみれた世の中を生きる人間たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この漫画のタイトル、「カバチタレ」ってなんのことだろう?私は「カバチタレ」を読み始めた最初のうち、てっきり「バカチタレ」だと思っていた。
 「カバチタレ」とは、広島弁で理屈屋という意味だ。この漫画は、法律という理屈を武器に人間たちの欲望渦巻く世の中を生きる人々の物語なのだ。
 主人公の田村勝弘が勤めるのは行政書士事務所。「行政書士」という職業もどのようなものかピンとこない人が多いと思う。行政書士は、一言で言うと主に官公庁に提出する書類を作成したり、そのための法律相談に応じる職業だ。現在活躍している行政書士の大部分は、建設関係とか不動産関連というような得意分野を持ち、それに専従している。
 ところが、「行政書士大野事務所」はそうではない。刑事事件の解決、遺言、詐欺の告発、裁判所の競売など、あらゆる事件を扱っている。行政書士の特長として、扱う法令の範囲の広さがあげられる。何しろ行政書士の扱う書類は1万種類前後といわれるくらいだ。「大野事務所」はそれを生かして縦横無尽に活躍している。「カバチタレ」は、法律や行政書士という漫画に一見合わない題材をもとに、完成度の高いエンターテインメントに仕上げられている。
 法律問題が起こるとき、そこには人間ドラマが生まれる。田村がどのように成長していくかが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゲゲゲの鬼太郎 4 妖怪獣

2001/01/18 10:05

鬼太郎の相手は強敵揃い。それでも鬼太郎は戦う。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 おなじみゲゲゲの鬼太郎が、人間を苦しめる妖怪相手に活躍します。
 本書の冒頭を飾る「妖怪獣」はボリューム・スケール共に大きい力作です。四国山中のダム工事現場から出現した八百八狸。彼らはなんと総理大臣に政権を渡すように求めます。妖怪獣や巨大ナマズといった強者を相手に鬼太郎たちは大苦戦します。
 「海座頭」では、生活に疲れた鬼太郎と目玉親父、ねずみ男がいかだで旅に出ます。旅の食料はいかだを畑にして野菜を作ることで確保する計画ですが、いざ旅に出てみると野菜が腐ってしまいます。その原因はやはり妖怪の仕業でした。それにしてもねずみ男の小便のかかった野菜はあまり食べたくない…。
 「峠の妖怪」では、珍しい鬼太郎のめがね姿、そしてこれも滅多に見られないねずみ男のヌードを見ることができます。
 他にも面白い話が多数収録されています。それにしても今回の鬼太郎は苦戦続きです。鬼太郎たちは自分勝手な人間たちのためによく頑張ってくれているなあ、と思わず感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示