サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. masaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

masaさんのレビュー一覧

投稿者:masa

1 件中 1 件~ 1 件を表示

東大法学部

2006/01/09 21:26

調査不足にくわえてシニシズム多用

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は東大法学部出身者でも官僚でもないが、これはかなり問題のある本だと思った。
①(61ページ)
1990年代前半に法学部内の講座再編があり、いわゆる社会主義思想系統の講義ないし教授陣がなくなった(去ってしまった)のか意味不明。ちなみに東大経済学部は1990年代前半に学部講義の経済学原論がなくなった。
②(73ページ)
『秘書課長に泣きつかれた』自治省の秘書課長は、省内人事とOB対応が主な担当。仮に大臣の味方をするとするならば、自治大臣の秘書官(自治省内のキャリアか、大臣が連れてきた私設秘書)ではないか。また事務官に先輩の役人が丁寧な言葉で言うはずもない。
③(75ページ)
先鞭をつけたのがボート部の先輩である、の部分だが、ここで述べられている「ボート部」は、旧制一高端艇部とすべきであり、東大ボート部ではありえない。取材が不足している。ちなみに、竹内道雄氏、長岡実氏は、東大漕艇部には入部した記録はないはずである。
④(94ページ)
中には、毎夜ノーパンシャブシャブに打ち興じる者もいた、についてだが、毎晩楼蘭に行っていたと取材できたのだろうか。知っている限りでは最高でも週1、2回だと記憶している。
⑤(99ページ)
安延氏のことを書かれているが、彼はS53東大経済学部卒。なんでも東大法学部のような論調だ。
⑥(105ページ)
銀行のMOF担のエリート行員のくだり。MOF担当には東大経済、京大、一橋もMOF担当で少なかならず存在しており、すべて東大法学部という表現はおかしい。また、MOF担当が日参する銀行局、証券局(軟派)のキャリア担当者は東大法学部と経済学部・他大学出身者がほぼ半々の配置であったはず。したがって、「東大法学部卒の鉄壁のネットワーク」という表現は誤りだ。
⑦(107ページ)
時価発行増資の自社株のくだり。時価発行増資の株式を証券会社経由で購入した銀行員はいたかもしれないが、なぜ時価発行増資で自社株を証券会社を通じて購入するのが問題なのか?。不法であるのか、不当であるのか、意見をもらいたいものだ。
⑧(176ページ)
節のテーマで、「戦略的価値を持つ私立大学」と書いてあるが、そう考えられているのかと思う。ふさわしくない大学生、教職員を多数かかえつつ苦闘しているのが大多数の私立大学の現状であり、東大以上に深刻な問題ではないだろうか。今や、私立大学の半数はかつての専門学校あるいは高校レベルの教育を行っているのが実態だ。この節は「玉石混交で深刻な問題をかかえつつも、将来の戦略的価値に期待しなければならない一部の私立大学」と書きべきでないか。
私も、これまでのミラミッド型システムを八ヶ岳に変えなければならないと思う。しかし、筆者は、その変化のための『生贄』に東大法学部を据えている。たとえば、あとがきで筆者は現代のシニシズム流行を批判したいと書いてあるが、本書に流れているものは、世間的に極めて有名である東大法学部に「三角帽をかぶせて街を歩かせ、世間の方々に東大法学部へ石を投げさせて、なおかつ三角帽をかぶせた人間(=筆者)を英雄にするようにもっていく」という毒(シニシズム)が隠されている。あるいは、そうした方が著書の販売戦略上よいと無意識に筆が動いたのではないか。そのように感じてしまった。
大学への評価は、世間が一致して思うようなものではない。どこの大学に行った人も、良かれ悪しかれ人それなりの思い出を持って通っている(通った)。国が予算を減らす増やすは小さな問題ではないが、一大学の学部を真正面から批判するだけの能力も責務も筆者にはないと思う。それを出版した出版社も同じだけの責任を問われるべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示