サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 紫の上さんのレビュー一覧

紫の上さんのレビュー一覧

投稿者:紫の上

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本妖精国の騎士 47

2004/03/20 16:48

日本のFTの傑作です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待ってましたの47巻です。
最近のファンタジーブームに乗って、この漫画も一気に大ブレイクするかと思いきや、意外にマイナーさから抜けきれない感じがします。この少女漫画全開の絵柄のせいでしょうか(男の人は手に取るのをためらうでしょう…)。
でも内容はハリーポッターやロードオブザリングに引けを取らない、日本のFTの傑作だと思います。主人公の少女が完璧なヒロインではなく、悩み、苦しみ、傷つきながら、勝利に向かって少しずつ確実に前進していく姿は自分の生き方に対するテーゼを見せつけられているようで、読んだ後は気分が昂揚してきます。
男女問わずにお薦めできる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続きがよみたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本編が悲しい終わり方だったので期待していましたが、結局ジャスミンとケリーが再び会えたのかは書かれませんでした。少し残念。
 ケリーが総帥業をきちんとこなせるなんて、本当に昔海賊をしていたの? と思いますが、自分で言ったとおり宇宙に戻るときは、絶対にジャスミンと一緒なんですね。私なら眠り続ける恋人をずっと待つなんて出来ないと思います。お互いが自分にとってただ一人の特別な存在、うらやましいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アウラの選択

2001/12/24 16:41

ようやくヒロインの出番が。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ようやくグインとリンダが会うことが出来ました。物語の中では7年ぶりということでしたが、実際はもっとたっているでしょう。この二人のやり取りは息がぴったりで、読んでいてテンポがよくてわくわくします。新婚のシルヴィアには悪いのですが、お似合いの二人だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本快適生活のススメ

2001/12/03 21:38

いざという時の心構え

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本を読んで、人間いつ何が起こるかわからないので、普段から病気やけがに対する備えや心構えが大事なんだと思いました。
 何気ない知恵、工夫を生活に取り入れている著者の姿勢を私も見習いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

謎が深まる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 きらるのふぁがるへのあまりの心酔ぶりに、ふぁがるが安らかに眠れる日はくるのだろうかと心配です。

 3冊目でますます謎がふえてきました。彼らを狙うもうひとつの勢力とは一体だれなのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悪いうさぎ

2002/02/11 09:13

主人公がいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この著者の作品ははじめて読んだのですが、とてもテンポが良くてすいすい読めました。
 主人公の葉村晶は最初平凡な人だと思ったのですが、なかなか鋭い洞察力をもち、探偵として警察とも互角に渡り合う女性なのでびっくりしました。でも私生活の面ではあまり恵まれているとはいえないので、そこが私のような独身女性にとっては身近に感じるところであります。
 物語の謎が主人公のすばらしい推理力や判断力によってひとつづつほぐれていくさまは、読んでいて胸がスカッとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本嵐の獅子たち

2002/03/24 21:39

宿命の対決

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近の展開の早さ、いいですねー。なんと、ここであの人がイシュトに挑んでくるとは! 全く予想外の出来事でしたが、戦いの描写はまさに手に汗握る展開。驚いたのはイシュトの強さ。いつも弱い人としか戦ってないからそんなに強くないのではと思っていたのですが、あの人と互角の戦いをするとは。ヴァレ君が本当に邪魔でしたが、早く続きが読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャトウルージュ

2002/03/15 22:17

情けない夫

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 妖しげなパリのシャトウに妻を調教するよう頼む夫、その理由が自分と寝てくれないからというのだから、なんとも情けない。
 自分が妻からどう思われているのかを考えるより、彼女が潔癖症だからとか分析をして相手を変えようというのだから、すごく自分勝手な男で読んでいるといらいらしてくる。
 この本は妻の気持ちがあまり書かれていないので、ラストは意外な感じだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示