サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コリドールさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

コリドールさんのレビュー一覧

投稿者:コリドール

1 件中 1 件~ 1 件を表示

白と黒の伝説もしくはホラーの純系

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 伊藤潤二の漫画には、いつも笑ってしまう。微妙な会話の間に笑ってしまう。主人公達の真剣さに笑ってしまう。とんでもない状況に笑ってしまう。それにはギャグという名の刺激ではなく、ユーモラスという柔和な響きこそふさわしいかもしれない。それを読者としての優越感で見下すことはできる。「バカバカしい」と。
 しかし、そのすっとぼけたユーモアには安住できないことを、わからされてしまう。先の優越感は転落への恐怖の裏返し、いや恐怖そのものだと知ってしまう。
 緊張と弛緩。そのバランス感覚こそ、良質のホラーに必要不可欠なものだ。緊張が弛緩を欲し、弛緩が緊張を際だてる。緊張のみを追い求めることは、決して恐怖の本道ではない。死体写真が引き起こすのは、恐怖ではない。然り、物質は恐怖ではない。それは、生理的嫌悪感に過ぎない。
 この作品は、完成度の面で、「うずまき」や「富江」を遙かに凌ぐ。圧倒的に構築された世界観は完璧で、そして美しい。伊藤潤二の恐怖の美学に貫かれた物語は、楳図かずおより続く、紛れもないホラーの本道だ。加えて、そのラストには素直に感じ入ることが出来るのも、伊藤潤二を屈指の作家たらしめている所以と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示