サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 未熟者さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

未熟者さんのレビュー一覧

投稿者:未熟者

31 件中 1 件~ 15 件を表示

本気に楽しく願えばなんでもかなう

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校1年のときに父親を亡くしました。弟と二人を大学へ行かせるのは残された母親にとって大変な負担だろうと思いました。もう28年も前のことです。
「県内にある国立大学なら学費もあまりかからず、返還不要の奨学金を出してくれる企業もあるし、自宅からも何とか通えるけど、君の今の成績ではかなり頑張らないと難しいね…。」と担任から言われました。
「学年で何番になればいいんですか?」と私は聞きました。「10番かな」担任は言いました。「わかりました。10番ですね。」と言って、家に帰り、白い大きな紙にクレヨンで極彩色で「今度の試験で学年10番」と書いて壁に貼りました。
毎日見ていてなんとなくわくわくしてきて、なんと次の試験で10番でした。前は50番くらいだったのに…。奨学金はもらえませんでしたが希望の大学へ行くことができました。本書の言う「宝地図」効果だったのです。まだ素直でしたし、母親への思いもものすごく強かったからと思います。
いま、あまり願い事がかなわなくなっています。それは。。本書を読んでも、宝地図をすぐに作って壁に貼ろうなんて照れくさくてできない、と思ってしまうところに原因があるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「原因」と「結果」の法則

2004/05/08 09:23

もしこの本を開いて「ちょっと厳しいな」と思った人は…

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もしこの本を開いて「ちょっと厳しいな」と思った人は、最後の章から順に逆方向に読んでいくと読みやすいかもしれません。「穏やかな心」の章に書かれている「人間は、穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできます。」という言葉は、前半の章にある厳しい表現と比べて穏やかで好ましい表現に感じました。
訳者の坂本さんもあとがきで述べていますように、「考えるヒント生きるヒント」というタイトルで、この本より簡略化した形式で出ていたものを、より原書に忠実に構成したものです。私は前の形で入門しました。あの本は入門者には読みやすかったと感じています。もし、最後の章から遡る読み方でもつらい人は「考えるヒント生きるヒント」または「きっと!すべてがうまくいく」を読んでみてください。後者は、原因と結果の法則1から3(とたぶんもう少ししたら出てくると思われる“4”も)のエッセンスを読みやすくまとめたものです。
私は3年ほど前に入門しましたが、当時は「よほどの悩みを持った人しか読まないだろうな」と思っていました。ジェームズ・アレンの本は最近よく出版されていますし、よく読まれているようです。それだけ、今の時代が厳しく、自分を見つめ直したいと思う人が多いのだろうと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

DVDを持っていても、この本は手放せない

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

刑事コロンボはNHKでの初回放送時から観ています。
当時は家庭用VTRなんてありませんでしたので、あの話をもう一度観たいと思っても叶わない夢で、小説本を借りたりして読んだものでした。
この本は、昔のオリジナル・シリーズだけでなく、まだ製作が続いている(はずの)新シリーズの全作品の見どころ、裏話、一部ネタバレまで各話2ページ使って丁寧に解説してくれています。
それだけでなく、「名犯人10傑」では懐かしい選りすぐりの犯人を紹介、「犯人はTVヒーロー」ではスタートレックからニモイ、シャトナー、ケーニッグ(チェコフ)の3人もが出ていたことを改めて認識させて楽しませてくれます。
また、コラムでは横溝正史がコロンボ・ファンだったことを紹介し、金田一耕助とコロンボのなんとなく共通したキャラクターのつながりがわかったような気がします。
もちろん、金田一シリーズは後の古畑任三郎シリーズのように明確にコロンボのパロディまたは焼き直しを意識したものではないことは明らかですが。
旧シリーズのDVD-BOXは持っていますが、それで全作品を観ることができても、この本は手放せないものになっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ママ・パパでなくお母さん・お父さんのほうがいいなと思える一冊です

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は境野さんが岩手県の私立花巻東高校で行った講演を記録したものです。
講演の最初のほうで「さようなら」の意味がわからなかったという話が紹介されています。これが後半への伏線になります。
著者に限らず「さようなら」の意味をわかって使っている人はいないでしょう。私も知りませんでした。
「Good by」なら「神様が共にいてくださいますように」だからとても理解しやすいです。
「さようなら」では「それでは・・」みたいな意味だろうとは思っていましたが、「それでは」何なのか、なぜこんな言葉が挨拶なのか、知りませんでした。
講演では、日の丸が国旗になった理由、お母さん・お父さんの語源なども紹介されています。
さようならの意味も含めて、日本は太陽を敬う心を大切にする国であったことが明らかにされていきます。
国旗の話の中で、もう少しで「白地に黒の一本線」が国旗になるところだったという話も紹介され、「日の丸でよかったな」と誰もが思うでしょう。
太陽を敬うことは古代エジプトでも行われていたことで、恥ずべきことではありません。
日の丸を好きになり、ママ・パパでなくお母さん・お父さんのほうがいいなと思える一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

試してみましょう。子供の頃、自転車に乗れるようになるまでにやったように。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

願望達成した状態を具体的にイメージして感謝するというのは簡単そうですが、やってみると本当に難しいのです。
日頃から悲観的なものの見方をする癖がついていることを痛感しました。いきなり大きな望みは難しいですね。
気を取り直して日常的に偶然起きてもおかしくないことをイメージしてみました。翌日、本当に実現しました。偶然かもしれませんが、こういうのを何回か繰り返して、少しずつ難しいことをかなえられるようにトレーニングしていけば本物になるかなぁと思っています。
子供の頃、自転車に乗れるようになるまでにやったように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

禅僧の言葉のように込められた意味が重い

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

チャック・スペザーノ博士の著書は以前から自分を見直すための助けにしてきています。
禅僧の言葉のように込められた意味が重いので1日に1セクション(2〜3ページ)を読むのが適切です。
各章は「人を恨むのをやめる」「手放す」「執着を手放す」「恐れを解消する」などのように独立したテーマ(レッスン)になっています。
通勤電車の待ち時間に本に目を通して、電車の中では自分に問いかけるというような読み方をすれば、時間が無くても効果的にレッスンをチャック博士のレッスンを受けられます。
読んでいくと気がつきます。日々の暮らしに忙殺されて、自分を深く省みる時間がなかなか取れなくて、自分を見失っていることがいかに多いことか…。
なぜいま自分がこのような状況に置かれているのか、自分の無意識の行動に原因があり、心の深いところで望んだとおりに展開していることにも気がつきます。
過去に受けた心の傷の痛みを避けるために「心の姿勢」がゆがんでしまって、それでゆがんだ結果が目の前にあるということもわかります。
ゆがんだ肉体は整体などで矯正する必要があるのと同様に、ゆがんでしまった心も(まずゆがみに気づいた上で)矯正してあげる必要があります。
この本は自分で診察して、自分で矯正できる力をつけてくれます。本書を読んで考えることで、気がつくこと得られることは非常に多いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本心がやすまる瞑想法入門

2004/12/26 15:52

神様のしくみ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「欲しいものいっぱい」「やりたいこといっぱい」「叶えたいこといっぱい」…。でもなかなか思うようにならないですよね。
神様にお願いしてもなかなか叶わない…なんて言ってる人も多いのでしょうか。神社やお寺のお賽銭もバブル期には一万円札がいっぱいあったのに、千円札も少なく、一円玉さえ転がってるありさま。神様の信頼度も下がってるのかも。
もし「瞑想」をすることで欲しいものが手に入ったり、やりたいことが出来るようになったり、叶えたい望みが叶ったりするとしたら、飛びつきますか?
本書は、「瞑想」で希望を叶える具体的な方法とその理論的・経験的な根拠が書かれています。大雑把に言えば「叶ったことを想像して、ホクホクした感謝の気持で瞑想すること」です。なかなか実践に至るまでは難しいですが本書のガイドに従ってトレーニングすることで上達します。
著者の無能唱元さんは経営者層のファンが多いそうです。本は以前はもっと出ていましたが最近絶版になったものが多いです。僕はもうほとんど買ってしまいましたが、多くの人に読んでもらいたいので少し残念な気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

憶えていますか?こんな予言がありました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

憶えていますか?こんな予言がありました。「天から恐怖の大王が降ってくる。アンゴルモアの大王をよみがえらせ、その前後マルスは幸福の名のもとに支配するだろう。」
1999年ではありませんでしたが、7の月(September)に恐怖は空からやってきました。軍神マルスは世界平和(=幸福)のためと称し、冷戦が終わり武装を解除し始めていた世界に再軍備を呼びかけ、同調しないものは敵だと言い、マルスの支配を徹底させようとしています。
2000年を無事に迎えることが出来た時点で忘れ去られてしまったあの予言は、少し遅れて(というよりもともと年数の数え方が間違っていたのでは?)現実のものになっているような気がします。
人類滅亡の予言ではありませんでした。人類が滅亡していたら「その前後」にマルスが支配する人類がいないのですから、滅亡の予言ではなかったわけです。
「アンゴルモアの大王」は、「不安」「紋切り型の議論」「思考停止」といった19世紀末から20世紀初頭の世界情勢(雰囲気)だったのではないでしょうか。こういう物騒なものの支配による繁栄でなく、『「よき社会」とは何か?』をよく話し合って、それに向けて全人類は最善を尽くすべき時期に来ているように思います。
著者はTVなどでも批判的な物の言い方が印象的ですが、分析力が優れた頭の良い方だと常々から思っていました。こういう能力をよりよい世界を作るためにうまく活かせたら、「よき社会」の実現はそんなに遠い先の話ではないのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おじいさんの小さな庭

2004/06/13 18:31

自分を大切に思ってくれる人と一緒にいるのが一番幸せ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

軽井沢の絵本美術館に展示されていた絵の中でこの本の最後の場面の絵と出会いました。ストーリーは知らずになんとなく心惹かれて本の名前を教えてもらい、bk1で買いました。
ストーリーは幸せの青い鳥とよく似ています。
優しいおじいさんの小さな庭で幸せに咲いていたヒナギクが隣のお金持ちの大きな庭に移りたいとわがままを言います。おじいさんは寂しさをおさえてヒナギクの希望をかなえてあげます。隣の庭に移ったヒナギクは嬉しくて周りに咲いている花に挨拶しますがほとんど相手にされません。庭の持ち主のお金持ちも他の立派な花と比べて見劣りするヒナギクを雑草扱いして捨ててしまいます。枯れてしまいそうになったヒナギクを鳥が見つけておじいさんに知らせます。おじいさんは鳥に頼んでヒナギクを連れ戻します。ヒナギクはやっぱりおじいさんの庭が一番幸せな場所だとわかります。
自分の置かれている環境は自分にちょうど良くできている、自分を大切に思ってくれる人と一緒にいるのが一番幸せ、幸せかどうかは自分の心の持ち方次第…という人生訓を優しい絵とストーリーで綺麗に描いています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

深遠な精神の世界へ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私もそうですが、一般的な適齢期を過ぎても独身でいる人で主義者でない場合は、何か過去に負った心の傷を苦にして生きているようです。
心の傷を発見し、それを癒してあげることが必要なのですが、自分でも忘れてしまっていることや、前世(と深層心理が思っている)の記憶までたどらなければ直せない場合もあるようです。
自分でも普段は気がつかないほど心の深いところにある傷を癒すためのたくさんのカウンセリングの実例をあげて説いてくれています。
本書のタイトルからは「恋愛ハウツーもの」と誤解してしまうかもしれませんが、全く違います。
同じ著者の「もう恋愛は懲りたという人へ」と同じく過去に負った心の傷を癒して新しい人間関係を築くためのガイドブックなのです。
傷を癒しながら深遠な精神の世界へと導いてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少し緩やかな道からでもアレンという素晴らしい精神の山に登っていけるから素敵ですね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は“AS A MAN THINKETH”,“THE PATH OF PROSPERITY”,“ABOVE LIFE'S TURMOIL”,“THE LIFE TRIUMPHANT”のエッセンスをまとめたものです。
前3作品は「原因と結果の法則1〜3」として知られているもので、4番目もきっと「原因と結果の法則4」として出てくるものと思っています。
「原因と結果の法則」シリーズは多くの人に勇気と希望を与え続けていますが、表現の厳しさから拒絶反応を起こす人もいると聞いています。
1999年に「人生がばら色に変わる50の言葉」というタイトルで出ていたものを再構成されたもので、優しい表現でアレンの世界に入って行きやすく導いてくれるのが本書です。
アレンさんの言うことはわかるけどちょっと私には厳しすぎるなという人にはお勧めです。少し緩やかな道からでもアレンという素晴らしい精神の山に登っていけるから素敵ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いいなあ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「わたしはあなたのこんなところが好き」も「はじめは好きって気持ちから」もこの本も大好きです。こんな相思相愛の関係っていいですね。二人の気持ちに余裕がないと、どうしてもギクシャクしてしまう…。堀川さんの本が支持されているのは心の奥ではみんなほのぼのした関係を望んでるからなのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「運命の人」は存在する

2004/04/03 17:02

また少し気持ちが前向きになりました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルからはかなり力んだ印象を受けますが、とても穏やかで無理のないことが書かれています。とてもほっとしたのは、ある女性が、好意を持っていた男性には彼女に対して特別な感情がないことがわかったとき、彼女はどうしたか・・、そして彼に好意を持たせてしまった話。いいですね。また少し気持ちが前向きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

究極のカレー皿洗浄法

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は環境問題を扱ったものです。
重要さはみんなよく知ってるのに環境問題はなぜ目覚ましい進展がないのでしょうか?
世の中には様々な難しい事業で成功をおさめている素晴らしい能力の持ち主がたくさん存在するのに、その力が環境問題に向けられないのはなぜでしょうか?
本書の著者は大胆なある仮説を提示して、それを検証し、裏付けを示してくれます。成功者の特徴は? 成功者の好む思考パターンは? では従来からの環境問題の論じられ方は? など論の進め方は「なるほど」と納得させられます。
さらに独自の視点で個々の環境課題に対する解決策を提案してくれるのですが、これが実にユニークで、しかも「おもしろいからやってみようかな」と思わせるものだったりします。
面白かったのは「究極のカレー皿洗浄法」で、それは小学校の給食のときに(昭和四十年頃は)みんながやっていたあの方法だったりして、懐かしく楽しく思い出したりしました。
環境問題に取り組みながら心は楽しくなり気持も豊かになったような気がします。新鮮な視点から環境問題と人生観を結びつけたお勧めできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バッハ事典

2005/01/09 13:40

バッハを聴く楽しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バッハの作品の中でもブランデンブルグ協奏曲を筆頭に協奏曲,器楽曲,オルガン曲はなじみ深いものが多くあります。
あまりなじみのない合唱曲(教会カンタータ)を聴いていると、「これはブランデンブルグ協奏曲第3番と同じ旋律じゃないか」とか「チェンバロ協奏曲第1番の第1楽章の旋律ってバッハは余程好きだったんだな」などといろいろな発見をします。
そのときにどちらが「もと」でどちらが「転用」なのかとか、他に同じような転用がないかとか、楽器の使い方をどう変えたのだろうかとか…いろいろなことを知りたくなります。
また、ブランデンブルグ協奏曲第5番や第1番のように複数のバージョンが存在する作品もあり、どこがどう違うのかという知的好奇心が起きます。
そういう曲を探して聴くのもバッハを聴く楽しみです。
このバッハ事典は、バッハの現存する全作品+断片+偽作について作品の解説をしてくれており、バッハを聴いていて知りたいなと思うことがさっと調べられるとても便利な本です。
私はバッハ大全集を最近購入したのをきっかけにこのバッハ事典を購入しました。なかなか重宝しています。
また、この本の表紙と箱のデザインはなかなか洒落ていて、部屋に置いたときの存在感もなかなか気に入っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

31 件中 1 件~ 15 件を表示